ニュース

試験的実施ルール

ワールドラグビーが、新型コロナウイルスの感染防止対策として国内試合用試験的実施ルールを提案しています。これは、決定事項というわけではなく、加盟協会や大会主催者の判断で適用できるもののようですが、暫定的なコロナ対策とはいえ、ラグビーユニオンの良

British and Irish Lions tour

やはり夢物語・・・。 

昨日意気揚々、久々のラグビーネタで盛り上がっていたと思ったら、一瞬にして単なる噂だったということが判明・・・。

Twickenham Stadium

W杯方式の大会開催案

何やら久しぶりにラグビーの面白そうな話題が出てきていますね。なんでも新型コロナウイルスの世界的な感染拡大により、財政的な問題に直面している各国・地域ラグビー協会を支援するため、来年6〜7月にワールドカップ方式の大会を開催する案があるのだそうで

ラグビー審判

スタートレフリー資格

ラグビーといえば、他のスポーツと比べるとレフリーの存在は大きく、試合を厳密にジャッジしていくというよりも、試合が円滑に運んでいくように選手達とコミュニケーションを取りながら、ゲームを進めていくというちょっと変わった存在でもあるのですが、そのレフリーになるための資格所得のアナウンスが日本ラグビーフットボール協会に

world.rugby

7月のテストマッチは延期

6月7月に開催されるはずだった日本代表のテストマッチ、ウェールズ戦とイングランド戦が中止となったのはお伝えしたのですが、この期間のテストマッチは全世界で中止となるアナウンスがありましたね。まぁ、当然のことながら原因はコロナウイルスで、多くの国

リポビタン

ウェールズ戦、イングランド戦中止。

いまさらですが、6月、7月に日本で開催されるはずだった日本代表テストマッチは中止となってしまいましたね。5月も下旬に差し掛かったところで、コロナウイルスの現状はピークを過ぎているとはいえ、チーム練習もままならない状態なわけですから、これはいた

jsport

Jスポ、スーパーラグビー アオテアロアきたー!

スーパーラグビー、ニュージーランドの国内版「アオテアロア」がJ SPORTオンデマンドで全試合放送決定!!!

Aotearoa

ひょっとすると最強のリーグかもアオテアロア

コロナウイルスの影響で様々なスポーツイベントが中止されている中、ニュージーランドではスーパーラグビーのブルーズ、チーフス、ハリケーンズ、クルセイダーズ、ハイランダーズが参加する国内大会「スーパーラグビー アオテアロア」を6月13日から始めるのだそうです!!!!

Beaumont

日本がティア1入り?

ワールドラグビーの会長選挙では、現会長であるビル・ボーモントが再選を果たしましたね。個人的には若いアグスティン・ピチョット副会長に期待していたのですけどね。

Webb_Ellis_Cup

抽選会は予定通り

どうやら2023年ラグビーワールドカップフランス大会の組み合わせ抽選会は、予定どおり11月にパリで行われるのだそうですね。これは大会組織委員会の幹部が明かしたようで、11月30日に開催することはほぼ固まっているようで、現在世界を悩ませている新

World Rugby

ワールドラグビーが救済基金設立

新型コロナウイルス感染拡大が世界中に大混乱をもたらしており、あらゆるスポーツにも影響を与えているのですが、どうやらワールドラグビーが世界中のラグビー界を支援するため、さらには世界的大流行の影響を緩和するために「COVID-19 救済戦略」を発表しました。

ボーモントとピチョット

ワールドラグビー会長選

ワールドラグビーが、次期会長選挙に現職のビル・ボーモント会長とアグスティン・ピチョト副会長の立候補を受け付けたと発表しました。この結果は、5月12日の理事投票で過半数を得れば就任が決まり、任期は4年となっています。