ラグビーチャンピオンシップ2021

昨年不在だった南アフリカが復帰し、4カ国で争われる大会。

本来、ホームアンドアウェイで行われる大会なのですが、コロナ禍において、南アフリカで、アルゼンチンとの2試合を主催し、残りのトーナメントはオーストラリアとニュージーランドで行われます。

ちなみにニュージーランドとオーストラリアの2試合は、ブレディスローカップの2回目と3回目のテストになります。

順位表

順位チーム得失ポイント
1アルゼンチン
2南アフリカ
3オーストラリア
4ニュージーランド

1週目(8月14日)

  • 南アフリカ (-) アルゼンチン

2週目(8月21日)

  • アルゼンチン (-) 南アフリカ
  • オーストラリア (-) ニュージーランド

3週目(8月28日)

  • ニュージーランド (-) オーストラリア

4週目(9月11日)

  • ニュージーランド (-) アルゼンチン
  • 南アフリカ (-) オーストラリア

5週目(9月18日)

  • アルゼンチン (-) ニュージーランド
  • オーストラリア (-) 南アフリカ

6週目(9月25日)

  • ニュージーランド (-) 南アフリカ
  • オーストラリア (-) アルゼンチン

7週目(10月2日)

  • 南アフリカ (-) ニュージーランド
  • オーストラリア (-) アルゼンチン