フライングフィジー代表33名

フライングフィジー代表33名

ニュース

7月にオールブラックスと対戦するフィジー代表33名が発表されましたね。

フライングフィジー

  • ペニ・ラヴァイ(クレルモン)
  • エロニ・マウィ(サラセンズ)
  • Haereiti Hetet 
  • ルケ・タギ(スタッド・フランセ)
  • メサケ・ドッジ
  • リーロイ・アタリフォ
  • サム・マタビシ(ノーサンプトン)
  • ペニアミ・ナリシア
  • マスラメ・ドロコロ(グラスゴー)
  • テビタ・ラトゥヴァ(スカーレッツ)
  • テモ・マヤナバヌア
  • レオネ・ナカラワ(グラスゴー)
  • アルバート・ツイスエ
  • メスラメ・クナブラ(エディンバラ)
  • キティネ・カミカミカ
  • ジョン・ダイアー
  • ペシリ・ヤト(クレルモン)
  • フランク・ロマニ(レベルズ)
  • モーゼス・ソロヴィ(レッズ)
  • シミオネ・クルヴォリ
  • ベン・ヴォラヴォラ
  • テティ・テラ
  • レヴァニ・ボティア(ロシェル)
  • ヴィリモニ・ボティトゥ
  • ワイセア・ナヤカレブ
  • エネリコ・ブリルアルア
  • オニシ・ラタベ
  • ネマニ・ナドロ(レスター・タイガース)
  • ビナヤ・ハボシ
  • マナサ・マタエレ(クルセイダーズ)
  • エロニ・サウ
  • セタ・トゥイソバ(リヨン)
  • キニ・ムリムリヴァル(レスター・タイガース)

残念ながら、セミ・ラドラドラはプレミアシップの準決勝があり、テストマッチに参加できないようです。

メンバーは、フランスから14人、イングランド5人、スコットランド5人、オーストラリア3人、ニュージーランド2人、そしてフィジーから4人選ばれていて、国代表としては南アフリカと同じくらい海外のリーグで試合をしている選手が多いですね。

なので、なかなか長期的な連携を取るのが難しいのですが、実際のところフィジーががっつり合宿したとしたら、恐ろしく強くなるのでしょうね。

短期的に集まって世界ランキング10位前後に位置しており、ランキング上位を倒す力がありつつも、格下相手にも、あっさり負けてしまうような「やってみなければわからない」というチームはそうそうありませんよね。

ひょっとすると、2連戦もあるオールブラックスも危ないかもしれませんよ。