rwc-pool

プール

ラグビーW杯2019日本大会の組み合わせ

ラグビーワールドカップでは、日本全国12の開催都市で、20のチームが4つのプールに分かれ、それぞれ総当たり全40試合を行います。

プールA

アイルランド スコットランド 日本 ロシア サモア
アイルランド / ○(27-3) X(12-19) ○(35-0) ○(47-5)
スコットランド X(3-27) / X(21-28) ○(61-0) ○(34-0)
日本 ○(19-12) ○(28-21) / ○(30-10) ○(38-19)
ロシア X(0-35) X(0-61) X(10-30) / X(9-34)
サモア X(5-47) X(0-34) X(19-31) ○(34-9) /

プールAの有力候補は、アイルランドとスコットランドで順当に行けばこの2チームが決勝トーナメントへと進出となるのだが、スケジュール的にも開催国でもある日本に有利な点もあるので、どちらかの国を破り、日本チーム初の決勝トーナメント進出を期待したいところ。


プールB

ニュージーランド 南アフリカ イタリア ナミビア カナダ
ニュージーランド / ○(23-13) -(0-0) ○(71-9) ○(63-0)
南アフリカ X(13-23) / ○(49-3) ○(57-3) ○(66-7)
イタリア -(0-0) X(3-49) / ○(47-22) ○(48-7)
ナミビア X(9-71) X(7-53) X(22-47) / -(0-0)
カナダ X(0-63) X(7-66) X(7-48) -(0-0) /

ニュージーランドと南アフリカというプール戦で戦うには、あまりに惜しい対戦が見られるプールB。

しかも初戦からこの2チームの対戦ということもあり、この試合の結果が今大会の大きな流れを生み出しそう。

よりによってこのプールに入ってしまったイタリアは、本当についていない。


プールC

イングランド フランス アルゼンチン アメリカ トンガ
イングランド / -(0-0) ○(39-10) ○(45-7) ○(35-3)
フランス -(0-0) / ○(23-21) ○(33-9) ○(23-21)
アルゼンチン X(10-39) X(21-23) / ○(47-17) ○(28-12)
アメリカ X(7-45) X(9-33) X(17-47) / X(19-31)
トンガ X(3-35) X(21-23) X(12-28) ○(31-19) /

死のプールとも言われるプールC。

プールの組み合わせが決まった時には、イングランド、フランス、アルゼンチンが拮抗し、まさに死のプールだったが、ここにきてイングランドが頭一つ抜け出し、優勝候補の一角を担うまでに成長。

初戦で当たるフランス、アルゼンチンのプール戦の戦いがどのように進んでいくのかも楽しみ。


プールD

オーストラリア ウェールズ ジョージア フィジー ウルグアイ
オーストラリア / X(25-29) ○(27-8) ○(39-21) ○(45-10)
ウェールズ ○(29-25) / ○(43-14) ○(29-17) ○(35-13)
ジョージア X(8-27) X(14-43) / X(10-45) ○(33-7)
フィジー X(21-39) X(17-29) ○(45-10) / X(27-30)
ウルグアイ X(10-45) X(13-35) X(7-33) ○(30-27) /

実は隠れ死の組ではないかとも思われるプールD。

普通に行けば、オーストラリア、ウェールズが抜け出すところが、爆発的な力を持っており、ティア1のどこのチームにも勝てる力を持っているフィジーがかなり曲者。

初戦でフィジーとぶつかるオーストラリアはここを落とすと次戦ウェールズなだけに、しっかりと流れを掴んでおきたいところ。