SR第13ブルーズVSレッズ

SR第13ブルーズVSレッズ

首位ブルーズと3連敗中の6位レッズの試合。

今のところレッズは唯一ブランビーズに土をつけているチームだけに、ここで一矢報いたいところですね。

ブルーズVSレッズ

ブルーズ

  1. アレックス・ホッジマン
  2. カート・エクランド
  3. オファ・トゥンガファシ
  4. ジェームズ・タッカー
  5. トム・ロビンソン
  6. アキラ・イオアネ
  7. ダルトン・パパリィ
  8. ホスキンス・ソトトゥ
  9. トム・クリスティ
  10. ボーデン・バレット
  11. ケイレブ・クラーク
  12. ロジャー・ツイバサシェック
  13. リーコ・イオアネ
  14. マーク・テレア
  15. ステファン・ペロフェタ
  16. ソアネ・ヴィケナ
  17. ジョーダン・レイ
  18. ネポ・ラウララ
  19. ルーク・ロマノ
  20. アドリアン・チョート
  21. サム・ノック
  22. ブライス・ヒーム
  23. ザーン・サリバン

レッズ

  1. デイン・ザンダー
  2. アルバート・アナエ
  3. フェアオ・フォトゥアイカ
  4. リアン・スミス
  5. アンガス・ブライス
  6. コナー・ベスト
  7. アンガス・スコット・ヤング
  8. セル・ウル
  9. テイト・マクダーモット
  10. ジェームズ・オコナー
  11. ジョーダン・ペタイヤ
  12. ハンター・パイサミ
  13. ジョシュ・フルック
  14. スリアシ・ヴニヴァル
  15. ジョック・キャンベル
  16. マット・フェスラー
  17. ハリー・フーパート
  18. セウ・ファーガセ
  19. ルカン・サラカイヤ・ロト
  20. トゥアイマ・タイイ・トィアリマ
  21. カラニ・トーマス
  22. ハミッシュ・スチュワート
  23. ローソン・クレイトン

ブルーズにはボーデン・バレットが戻ってきました。

先週はボーデン抜きでレベルズを完膚なきまでに叩き潰しており、今回のレッズ戦はどうなるでしょうね。

アキラ・イオアネが若干細っそりしていて心配しましたけど、パワー一辺倒だけでなくスピードがさらに上がったような気がしますし、今のブルーズはテクニカルな選手が増えていますよね。

南アフリカのチームがいないので、フィジカルな試合になったときにどうなるのかも見てみたいですね。

レッズには10番オコナーが戻ってきました。

第9節のレベルズ戦からの復帰となり、チームはその試合後3連敗中ですか、心強い10番が戻り、さらにはパイサミも復帰で連敗を阻止したいところですが、フレイザー・マクライト、ハリー・ウィルソンが欠場となり、なかなかベストメンバーが組めないようですね。

クォーターファイナルへの進出はほぼ決まっているような感じですが、一つでも順位を上げておきたいところ。