スタートレフリー資格

スタートレフリー資格

2020年5月25日
ニュース

ラグビーといえば、他のスポーツと比べるとレフリーの存在は大きく、試合を厳密にジャッジしていくというよりも、試合が円滑に運んでいくように選手達とコミュニケーションを取りながら、ゲームを進めていくというちょっと変わった存在でもあるのですが、そのレフリーになるための資格所得のアナウンスが日本ラグビーフットボール協会に掲載されていました。

まず、JRFUの審判員になるためには「JRFUスタートレフリーコース」(eラーニング)を受講し、スタートレフリー資格を取得する必要があるのだそうで、この「JRFUスタートレフリーコース」というのが、NTTドコモが提供するeラーニングシステム「gacco」を使って行う90分の講座なのだそうです。

いやいや、こんなのがあったなんて知りませんでしたね。

この講座は、パソコン、タブレット、スマートフォンから受講することができて、受講するには、登録料とシステム使用料を合わせ2,000円の受講料が必要となります。

支払いについては、クレジットカード(VISA/MASTER/DINERS/AMEX/JCB)か、docomoのキャリア決済を利用することができて、支払回数は一括払いのみとなっています。

受講資格は、ラグビーの審判を志す15歳以上の人となっていますから、未成年でクレジットカードを持っていない人が受講する場合、保護者の方の同意を得た上で、保護者のクレジットカードで支払うことになるようです。

そしてこの講座は申し込んでから65日間(65日×24時間=1560時間)の間、受講することができ、この期間内に修了できなかった場合、再度、受講料を支払って申し込む必要があるようです。

さてさて、このような試み、とてもいいと思うんですけど、残念なのはラグビー協会には、この講座に申し込むためのリンクやバナーがないこと。

しかも実際に「gacco」に直接行ってみても「講座一覧」には、そのような講座が表示されない!!!!(5月25日現在)

まぁ、協会のページを読む限り、ひょっとすると「gacco」に登録しなければ、アナウンスページなんか出てこないのかな??

いやいやこれだと周知不足ですよね・・・。

せめて「gacco」のページにそれらしきリンクやバナーがないと、間口は広がりませんし、ちょっと不安になってしまいますよね。

この辺、改善してくれるといいのですけどね。