フィジーが強すぎ

なんと今週のテストマッチで、フィジーがマオリオールブラックスを27ー10で破りましたね!!!

なんとフィジーがマオリオールブラックスに勝ったのは62年ぶりになるのだそうで、これは快挙ですね。

なんといってもマオリオールブラックスはその強さから世界ランキングで言えば、ベスト8くらいの強さだろうと言われていますし、そこに勝ったのですから、9月のラグビーワールドカッププールDが俄然面白くなってきましたね。

なにせ昨年の11月にもフィジーはフランス代表に勝っていますし、オーストラリア、ウェールズもうかうかしていられませんよね。

残念ながらオールブラックスの試合を全て観たわけではありませんが、ハイライトを見る限り、フィジカルが半端ないですね。

オールブラックスがオール、バックスと言われたとか言われないとかありますけど、フィジーに至っては、オールフォワードといってもいいくらいで、ハーフ団以外は、誰がプロップでフランカーなのかわからないくらいデカイうえ、動ける・・・。

しかもあのデカさでみんながボールに集まり、オフロードしまくるのですから、これ日本代表との戦いでは、ちょっとヤバそうな雰囲気ですよ。

しかも、なんでしょうね、あの動き。
パスの仕方は両手で持って、スクリューがどうのなんてことではなく、タックルされたから、片手で周りにいる選手に投げるという感じで、ラグビーの技術論なんて一切おかまいなし。

オールブラックスの華麗さとはまた違った、面白さがありますよね。
なんでしょうね、もう笑うしかないんですよね。

その凄さたるや・・・

さて、このフィジーとマオリオールブラックスの試合なのですが、今回はフィジーで行われたようですが、今週末にはニュージーランドで再戦するのだそうで、これ、ちょっと観たいですね。

7月27日には、日本代表とも戦うわけですから、どこかのテレビで是非とも放映して欲しいんですけどね。