シックスネーションズ最終節アイルランドVSイングランドスコッド

シックスネーションズ最終節アイルランドVSイングランドスコッド

SixNations

ともに2勝2敗、最後には勝ち越して終わりたい国同士の対戦とはいえ、恐らくアイルランド代表としては最後の試合かつ、ひょっとするとラグビー選手としても最後になるかもしれなせいCJスタンダーを俄然応援しなければならない試合。

アイルランドVSイングランド

アイルランド

  1. デイヴ・キルコイン
  2. ロブ・ハーリング
  3. タイグ・ファーロング
  4. イアン・ヘンダーソン
  5. タイグ・バーン
  6. CJ・スタンダー
  7. ジョシュ・ファンダーフリーアー
  8. ジャック・コナン
  9. コナー・マレー
  10. ジョナサン・セクストン
  11. ジェイコブ・ストックデール
  12. バンディ・アキ
  13. ロブ・ヘンショー
  14. キース・アールズ
  15. ヒューゴ・キーナン
  16. ロナン・ケラハー
  17. キアン・ヒーリー
  18. アンドリュー・ポーター
  19. ライアン・ベアード
  20. ピーター・オマホニー
  21. ジャミソン・ギブソンパーク
  22. ビリー・バーン
  23. ジョーダン・ラーマー

イングランド

  1. マコ・ブニポラ
  2. ルーク・カーワン・ディッキー
  3. カイル・シンクラー
  4. マロ・イトジェ
  5. チャーリー・ユールズ
  6. マーク・ウィルソン
  7. トム・カリー
  8. ビリー・ヴニポラ
  9. ベン・ヤングス
  10. ジョージ・フォード
  11. ジョニー・メイ
  12. オーウェン・ファレル
  13. エリオット・デイリー
  14. アンソニー・ワトソン
  15. マックス・マリンズ
  16. ジェイミー・ジョージ
  17. エリス・ゲンジ
  18. ウィル・スチュアート
  19. ジョニー・ヒル
  20. ベン・アール
  21. ダン・ロブソン
  22. オリー・ローレンス
  23. ジョー・マーチャント

久しぶりにバンディー・アキ、ストックデールが戻ってきたのではないでしょうか?

なんとなくアイルランドのBKはこれがベストメンバーじゃないかと思われる布陣ですね。

コナー・マレーもウェールズ戦以来の登場ですし楽しみな一戦ではありますね。

一方のイングランドは、13番にエリオット・デイリー!!!

ヘンリー・スレイドが控えにもいないということは怪我かなにかでしょうかね?

ラグビーワールドカップくらいの頃は、イングランドのセンター陣は誰を使うか悩むくらいに充実していたのに、ここにきて一気に人がいなくなってしまいましたね。

その辺もここ最近のイングランドの不調に繋がっているかもしれませんね。しかもサム・アンダーヒルもいませんしね。