オールブラックス:ラグビーチャンピオンシップメンバー36名

オールブラックス:ラグビーチャンピオンシップメンバー36名

ラグビーチャンピオンシップ

2021年8月14日から南アフリカ、ニュージーランド、オーストラリア、アルゼンチンの4カ国で行われるラグビーチャンピオンシップに向けたオールブラックスのメンバーが発表されましたね。

FW

フッカー

  • アサフォ・アウムア(24、ハリケーンズ、2cap)
  • デイン・コールズ(34、ハリケーンズ、76cap)
  • コーディー・テイラー(30、クルセイダーズ、58cap)

プロップ

  • ネポ・ラウララ(29、ブルーズ、31cap)
  • ティレル・ロマックス(25、ハリケーンズ、8cap)
  • ジョー・ムーディ(32、クルセイダーズ、50cap)
  • アンガス・タアバオ(31、チーフス、16cap)
  • カール・トゥイヌクアフェ(28、ブルーズ、18cap)
  • オファ・トゥンガファシ( 29、ブルーズ、39cap)

ロック

  • スコット・バレット(27、クルセイダーズ、42cap)
  • ブロディ・レタリック(30、チーフス、83cap)
  • パトリック・トゥイプロトゥ(28、ブルーズ、38cap)
  • トゥポウ・バアイ(21、チーフス、4cap)
  • サム・ホワイトロック(32、クルセイダーズ、125cap)キャプテン

バックロー

  • イーサン・ブラックアダー(26、クルセイダーズ、2cap)
  • シャノン・フリゼル(27、ハイランダーズ、14cap)
  • アキラ・イオアネ(26、ブルーズ、4cap)
  • ルーク・ジェイコブソン(24、チーフス、5cap)
  • ダルトン・パパリイ(23、ブルーズ、5cap)
  • アーディ・サヴェア(27、ハリケーンズ、50cap)
  • ホスキンズ・ソトトゥ(23、ブルーズ、6cap)

BK

スクラムハーフ

  • TJ・ペレナラ(29 、ハリケーンズ、69cap)
  • アーロン・スミス(32、ハイランダーズ、99cap)
  • ブラッド・ウェーバー(30、チーフス、9cap)

フライハーフ

  • ボーデン・バレット(30、ブルース、91cap)
  • リッチー・モウンガ( 27、クルセイダーズ、24cap)

センター

  • ブレイドン・エノー(23、クルセイダーズ、1cap)
  • デービッド・ハビリ(26、クルセイダーズ、5cap)
  • リエコ・イオアネ(24、ブルース、37cap)
  • アントン・レイナート・ブラウン(26、チーフス、50cap)
  • クイン・トゥパエ( 22、チーフス、1cap)

バックスリー

  • ジョーディ・バレット(24、ハリケーンズ、25cap)
  • ジョージ・ブリッジ(26、クルセイダーズ、12cap)
  • ウィル・ジョーダン(22、クルセイダーズ、5cap)
  • ダミアン・マッケンジー(26、チーフス、30cap)
  • セヴ・リース(23、クルセイダーズ、10cap)

みんな大好きTJが戻ってきましたね。

そのせいで、クリスティが弾かれることになってしまいましたけど、ザ・ラグビー・チャンピオンシップでは仕方ないかもしれませんね。

なにせ前年は優勝したとはいえ、オーストラリア、アルゼンチンには負けていますし、さらに今年は世界ランキング1位の南アフリカが戻ってきますから、万全の体制を敷いておきたいのでしょうね。

とはいえ、チームの一時的なカバーとして残るようですから、ここでオールブラックスの文化をしっかりと身につけてほしいですね。

ジョー・ムーディとアウムアが戻ってきたことにより、ジョージ・バウワーとサムソニ・タウケイアホがメンバー入りを逃したようですが、どうやらこちらもチームには残るようです。

まぁ、できれば、クリスティ、バウワー、タウケイアホは、オーストラリアか、アルゼンチン戦で見たかったですねぇ。

特に主力落ちのフランスになんとか勝ち越したオーストラリアでしたから、オールブラックスもある程度メンバーを落としてどこまでやれるのか見てみたいですよね。

とはいえ、オーストラリアの本気度が違うでしょうから、手抜きはまずいか。