アオテアロア第4節1 ハイランダーズVSクルセイダーズのスコッド

アオテアロア第4節1 ハイランダーズVSクルセイダーズのスコッド

アオテアロア

7月4日のハイランダーズVSクルセイダーズのスコッドが発表されましたね。

ダニーデンで行われるこの試合は、昨年クライストチャーチでイスラム教の礼拝所が襲撃され、49人が死亡した銃乱射事件で中止となって以来となるのですが、哀しみを乗り越える力と事件が風化し、忘れ去れないような、いい試合を期待したいですね。

スコッド

ハイランダーズ

  1. ダニエル・レイナート・ブラウン
  2. リアム・コルトマン
  3. ジェフ・スウェイツ
  4. パリパリ・パーキンソン
  5. ジョッシュ・ディクソン
  6. シャノン・フリゼル
  7. ディロン・ハント
  8. マリノ・ミカエレ・トゥウ
  9. アーロン・スミス
  10. ミッチ・ハント
  11. ジョナ・ナレキ
  12. シオ・トムキンソン
  13. ロブ・トンプソン
  14. ンガネ・プニヴァイ
  15. マイケル・コリンズ
  16. アッシュ・ディクソン
  17. エイダン・ジョンストン
  18. シアテ・トコラヒ
  19. ジャック・ウェットン
  20. テアキリ・ベン・ニコラス
  21. ケイン・ハミルトン
  22. ブリン・ガットランド
  23. ヴィリモニ・コロイ 

クルセイダーズ

  1. ジョー・ムーディ
  2. コーディー・テイラー
  3. マイケル・アラアラトア
  4. サム・ホワイトロック
  5. ミッチェル・ダンシエ
  6. イーサン・ブラッカアダー
  7. トム・クリスティ
  8. ウェトゥ・ダグラス
  9. ミッチェル・ドラモント
  10. リッチー・モウンガ
  11. レスター・ファインガアヌク
  12. ジャック・グッドヒュー
  13. ブランドン・エノー
  14. ウィル・ジョーダン
  15. デイビッド・ハビリ
  16. アンドリュー・マカリオ
  17. ジョージ・ボウラー
  18. オリバー・ジャガー
  19. ウイントン・ストレンジ
  20. シオネ・ハビリ
  21. エレアタラ・エナリ
  22. フェチュリ・パエア
  23. セブ・リース

流石にハイランダーズは、FBを変えてきましたね。スコット・グレゴリーはまだ経験が浅く、セブンズ上がりということもあって、もう少しハイパントに強くならなければなりませんよね。

噂ではジョッシュ・イオアネが戻ってこれるのではないかということでしたけど、やはり今回も無理っぽいですね。

ミッチ・ハントは、いいプレーと悪いプレーの振り幅が広く、少し安定性に欠けるので、嫌いな選手ではないのですが、ボールを持つたびにハラハラするんですよね。

まぁ、これがスルメのようにジワジワくるんですけどね。

クルセイダーズスコッド

さてクルセイダーズのほうは、ここ2戦メンバー固定だったのですが、数人メンバーを変えてきましたね。

ハーフのブリン・ホールを休ませ、ドラモント先発、控えにエナリですから、やはりクルセイダーズは層が厚いですよね。

好調だったカレン・グレイスはチーフス戦で親指を負傷したようで欠場し、代わりにイーサン・ブラッカダーが先発にあがり、ビリー・ハモンの代わりにトム・クリスティが戻ってきています。

また、マカリオとストレンジも復帰を果たし、控えに名前を連ねていますね。

しかし、控えにリースを置けるなんて、クルセイダーズの選手はユーティリティプレイヤー多すぎですよね。

どう考えてもリースはウィング専用ですし、ウインガーを控えにおくっていうのは、他のチームでは恐ろしくてできませんよね。

それというのもモウンガが痛んだとしてもハビリが10番をこなせますし、そうなったらウィル・ジョーダンが15番に回ればいいですし、センター陣が痛んだとしてもパエアがいますからね。

後半からリースなんて、相手からすると絶対に嫌でしょ?