オータムネーションズ、イングランド代表スコッドVSアイルランド

オータムネーションズ、イングランド代表スコッドVSアイルランド

AutumnNationsCup

トゥイッケナムスタジアムで行われるオータムネーションズカップ第2戦イングランドVSアイルランドにおけるイングランドのスコッドが発表されました。

エディ・ジョーンズは「今シーズンの最も重要な試合で可能な限り最強のチームを選びました。」とコメントしており、こんなことを言われるアイルランドは光栄であるとともに、選ばれたイングランドの選手たちの指揮はグンと上がりますよね。

イングランド

  1. マコ・ブニポラ
  2. ジェイミー・ジョージ
  3. カイル・シンクラー
  4. マロ・イトジェ
  5. ジョー・ラウンチベリ
  6. トム・カリー
  7. サム・アンダーヒル
  8. ビリー・ヴニポラ
  9. ベン・ヤングス
  10. オーウェン・ファレル
  11. ジョニー・メイ
  12. ヘンリー・スレイド
  13. オリー・ロウレンス
  14. ジョナサン・ジョセフ
  15. エリオット・デイリー
  16. トム・ダン
  17. エリス・ゲンジ
  18. ウィル・スチュアート
  19. ジョニー・ヒル
  20. ベン・アール
  21. ダン・ロブソン
  22. ジョージ・フォード
  23. マックス・マリンズ

ジョージ・フォードが戻ったのですが、流石にスタメンとはならず、フィニッシャーに入りましたね。

しかし、イングランドのFWは強力ですね。(BKもですけど)

特に3列のカリー(22)、アンダーヒル(24)、ビリー(28)は若いですから、このままフランス大会でも十分なメンバーですし、イトジェも24歳ですから、盤石といってもいいでしょうね。

まぁ、フランス大会で一番気になるのは、SHだけでしょうね。

ベン・ヤングスは31歳ですし、ここだけが唯一、替えが効きませんね。

ファレル・デイリーも重要な選手ではあるのですが、他にもいい選手がいるので、恐らくここはなんとかなると思いますが、南アフリカと双璧をなす強力なFWを動かすベン・ヤングスの代わりとなる人材はなかなか出てこないでしょう。

アーロン・スミスやペレナラ、デクラーク、デュポンのように目立つようなハーフではありませんが、現在世界でも3本のうちに入るSHだと思いますし、大いに過小評価されがちだと思っています。

オータムネーションズ、アイルランド代表スコッドVSイングランド
オータムネーションズカップ、注目の一戦、イングランドVSアイルランド戦のアイルランドスコッドが発表されました。 今回はキャプテンであり司令塔10番でもあるジョナ…
rwc2019jp.com