よりによってアルゼンチンと同組

よりによってアルゼンチンと同組

ニュース

ついに2023年のラグビーワールドカップフランス大会のグループが決まりましたね!

グループ分け

プールA

  • ニュージーランド
  • フランス
  • イタリア
  • アメリカ地区1位
  • アフリカ地区1位

プールB

  • 南アフリカ
  • アイルランド
  • スコットランド
  • アジア・パシフィック地区1位
  • ヨーロッパ地区2位

プールC

  • ウェールズ
  • オーストラリア
  • フィジー
  • ヨーロッパ地区1位
  • 最終予選者

プールD

  • イングランド
  • 日本
  • アルゼンチン
  • オセアニア地区1位
  • アメリカ地区2位

いや〜、よりによってイングランドとアルゼンチンのグループに入ってしまうとは・・・。

個人的に今すぐにでも対戦がみたいカードが、イングランドVSアルゼンチンなのですが、その期待の両チームと同じ組みになるなんて、なかなかですよね。

全日本代表HCであったエディー・ジョーンズ率いるイングランド、スーパーラグビーに同時に参加したことで、どうしても比較対象にしてしまうアルゼンチンという因縁めいた国と同じになるとは。

ここでオセアニア地区でサモアが入ろうもんなら、ワールドカップ恒例の対戦ともなりますし、アメリカ地区2位にウルグアイが入ると、ちょっとやっかいではありますよね。

批判覚悟で、現段階を考えるとやっぱりプールCに入りたかったですね。

バンド1の中では、ウェールズは主力が高齢化、若手への切り替えも進んでいませんからチャンスはありそうですし、フィジーもフランスで活躍している選手が多いというのは怖いですけど、ムラっ気のあるチームですから、アルゼンチンよりも組みしやすいでしょう。

しかし、今回はどこのプールが死の組となるのでしょうかね?

プールAでは、ニュージーランドとフランスが対戦するので、ニュージーランドが予選で初黒星と言うことはあるかも知れませんが、恐らく決勝トーナメントに上がってくるのは、ニュージーとフランスでしょうし、強いて言うならプールBが1番厳しいでしょうかね?

アイルランドも若手への切り替えがイマイチですし、2023年もマレー、セクストン頼みともなると厳しいかもしれませんね。