ラグビーW杯、フランス大会のシードはどうなる?

ラグビーW杯、フランス大会のシードはどうなる?

ニュース

どうやら2023年に開催されるラグビーワールドカップフランス大会でのシード順が問題となっているようですね。

大会組織委員会のクロード・アチェCEOは「今季のシックスネーションズが完了、11月のテストマッチが実施されなければ、ドローの基準となるランキングは2019年のW杯終了時のものになるだろうと発表したようで、こうなってくるとシード順はかなり大きく変わってきそうですね。

最新ランキング(20年6月29日現在)と2019年終了時の世界ランキングをみてみると、

20年6月29日(現在)

  1. 南アフリカ
  2. ニュージーランド
  3. イングランド
  4. アイルランド
  5. フランス
  6. ウェールズ
  7. オーストラリア
  8. スコットランド
  9. 日本
  10. アルゼンチン
  11. フィジー
  12. ジョージア

2019年終了時

  1. 南アフリカ
  2. ニュージーランド
  3. イングランド
  4. ウェールズ
  5. アイルランド
  6. オーストラリア
  7. フランス
  8. 日本
  9. スコットランド
  10. アルゼンチン
  11. フィジー
  12. イタリア

上位3チームには変化はありませんが、現在4位のアイルランドにとってはマイナス、ウェールズにとっては喜ばしい結果となりそうですね。

日本をみてみると、これどっちがいいのか難しいところですよね。

現在のランキングでいえば第3ポッドとなり「アルゼンチン」「フィジー」「ジョージア」との対戦は避けることができ、2019年終了時点であれば第2ポッドとなり「アイルランド」「オーストラリア」「フランス」との対戦を避けることができます。

できれば開催国との対戦は避けるべきでしょうから、やはり2019年終了時でのランキングを採用されるのが1番ベストとなるでしょうね。

第3ポッドとして「スコットランド」「アルゼンチン」「フィジー」「イタリア」のいずれかの国との対戦となるのですが、「アルゼンチン」以外であれば、なんとかなりそうな気がしますし、カテゴリーが一つ上になるのか、下になるのかだけで対戦国は大きく変わってきますよね。

現状だと11月のテストマッチも行えるとは思えませんし、まだまだ大陸間での移動は厳しそうですよね。