イングランドが強すぎる

イングランドが強すぎる

AutumnNationsCup

まず最初に、恐らく現段階で最強の国はイングランドなのではないでしょうか。

エディ・ジョーンズが2020年の大一番と位置付けていたアイルランドとの試合では、アイルランドがトライを取れる気がしませんでしたからね。

しかも、あのチームがイングランドでベストかと言われればそうでもないでしょうし、一体イングランドのベストメンバーってどんな布陣になるのでしょうかね?

恐らくイトジェは世界最高のロックだと思うのでベストメンバーの1人でしょうし、少なくとも3列のカリー、アンダーヒル、ヴィニポラは確定となるのでしょうね。

とはいえ、途中から入った20番ベン・アールも良かったですし、人材豊富ですよね。

10番にはジョージ・フォードもいますけど、今のイングランドのスタイルなら、10番ファレル、12番スレイドのほうがパワー負けしないので強いような気がします。

しかし、2番ジェイミー・ジョージは79分まで戦いますかね?

スクラムやラインアウトだけでなく、パスの受け手にもなっていましたから、ひょっとするとここが1番の弱点になるのかもしれませんね。

とはいえ、エディがフィニッシャーと呼ぶあたり、途中から出てくる選手もいい仕事をしますし、イングランドがいま一番選手層が厚いのではないでしょうか。

さて、アイルランドのほうはというと、やっぱりコナー・マレーのほうが良さそうですね。

ギブソンパークもいい選手ですけど、アイルランドの戦い方では自分で突っ込むようなSHよりもマレーのように淡々と捌いていく方が合っていそうですね。

あと疑問の残るキックを何本か蹴っていましたけど、あれはもったいなかったですね。

苦し紛れなのかもしれませんが、あれはちょっと酷い。

やはりここは経験が必要となってくるのでしょうね

とはいえ、15番で先発したヒューゴ・キーナンは今後期待できそうで、やっぱりストックデールはウイングで使うべきです。

今週のラグビーを見て、思ったのは、今、イングランドVSアルゼンチンを観てみたい!!!!

この2チームが今対戦したら、どんな結果になるのでしょうね?

トライを取り切れる分、イングランドに分がありそうですけど、ともにFWが強くて献身的ですので、絶対に面白い試合になると思うんですよね。