ワラビーズ

ワラビーズはこれがファーストチョイスかな

21日に行われるオーストラリアVSフィジーにおけるオーストラリアのスコッドが発表されたのですが、やっぱりこのメンバーがファーストチョイスとなるのでしょうかね?

ワラビーズ
ワラビーズ

近々のテストマッチを見ていても、10番はフォーリーよりもリアリーファノの時のほうがダイナミックな試合をしていたので、ファーストチョイスはリアリーファノになるとは思っていたのですが、案の定でしたね。

しかも、ゲニアのファーストチョイスは揺るぎなく、2番手SHがいないと言う状況だったのが、いつのまにかニックホワイトが先発を務め、南アもそうですけど、大会直前になっていきなりSHが揃い始めましたね。

これまではオールブラックスだけが唯一、先発、控えともに世界クラスだったのが、一気に南ア、オーストラリアも揃うことに。

さすが南半球のチームは違いますね。

さてバックスなのですが、ケレビが戻ってきて12番に入り、15番にビールを持ってこれるのはかなり大きいですし、ここでオコナーの復活も大きいですよね。
そもそもケレビの12番って、反則でしょ。

気になるフランカーは、オールブラックスと同じくオープンサイドを2枚、しかもポーコックとフーパとなっていますが、この並びってありましたっけ?

7番フーパー、8番ポーコックは記憶にあるのですが、6番7番での起用はこれまでなかったような気が・・・(自信はありませんが)。

あっ、でもHOはフォラウ・ファインガじゃないんですね。
さすがにここもブランビーズだけで固めるのを嫌いましたかね。

とはいえ、オーストラリアは、ニュージーランド、南アフリカと比べると、若干ひ弱な印象があったのですが、ここにきてグッと強力になってきましたね。

やっぱり、大会に合わせてくるんですね。