フィジー代表スコッド

7月27日に日本代表とフィジー代表が対戦し、34-21で日本代表が勝ったのですが、そのフィジーが、ラグビーワールドカップに出場するスコッドを発表しましたね。

フィジー

ルーズヘッドプロップ

  • キャンピージ・マアフ
  • エロニ・マウイ(日本戦1番)
  • ペニ・ラバイ(日本戦17番)

フッカー

  • メスラメ・ドロコト(日本戦16番)
  • サム・マタベシ(日本戦2番)
  • ラトゥ・ヴェレ・ブガコト

タイトヘッドプロップ

  • レエロイ・アファリフォ(日本戦18番)
  • マナサ・サウロ(日本戦3番)
  • カリヴァチ・タワケ

ロック

  • テビタ・カブバティ
  • レオーネ・ナカワラ(日本戦5番)
  • アピ・ラトゥニヤラワ(日本戦19番)
  • テビタ・ラトゥバ

ルーズフォワード

  • セミ・クナタニ(日本戦7番)
  • ビリアメ・マタ(日本戦8番)
  • モセセ・ボカ
  • ドミニコ・ワカニブロツ(日本戦6番)
  • ペセリ・ヤトー(日本戦20番)

ハーフバックス

  • フランク・ロマニ(日本戦9番)
  • ニコラ・マタワルー
  • ヘンリー・セニロリ(日本戦21番)

インサイドバックス

  • レボニ・ボティア(日本戦12番)
  • ジャレ・パトゥンブア(日本戦22番)
  • ベン・ボラボラ(日本戦10番)

アウトサイドバックス

  • ベレニキ・ゴネバ
  • フィリポ・ナコシ(日本戦14番)
  • ワイセア・ナヤザレブ(日本戦13番)
  • セミ・ランドラドア
  • ジョシュア・ツイソバ

ユーティリティー

  • ジョッシュ・マタベシ(日本戦23番)
  • アリペレティ・ベイトカニ(日本戦15番)

フルバック

  • キニ・ムリムリバル

日本代表と戦ったメンバーはほとんど選ばれているようですが、日本代表戦で4番をつけたアルバート・トゥイスエと、11番パトリック・オズボーン2名がスコッドから外れてしまいましたね。

オズボーンは日本のトップリーグにもいた選手なので、少し残念ですね。

ラグビーワールドカップ初戦の相手は、9月21日のオーストラリア戦となるわけですが、オーストラリアは決勝トーナメントを見据えた戦いとなるでしょうから、ここで一発、波乱を起こしてくれないでしょうかね。

といっても、ブロディースローカップ初戦のオーストラリア代表だった場合は、どこのチームでも歯が立たなそうですけどね。