シックスネーションズ第4節イタリアVSウェールズのスコッド

シックスネーションズ第4節イタリアVSウェールズのスコッド

SixNations

現在、首位のウェールズと最下位イタリアの対戦。

イタリアVSウェールズ

イタリア

  1. ダニーロ・フィスキエッティ
  2. ルカ・ビギ
  3. ジョズエ・ジロッティ
  4. ニコロ・カノーネ
  5. デビット・シシ
  6. セバスチャン・ネグリ
  7. ヨハン・メイヤー
  8. ミシェル・ラマノ
  9. ステファン・バーニー
  10. パオロ・ガルビジ
  11. モンティ・イオアネ
  12. カルロ・カンナ
  13. イグナシオ・ブレックス
  14. マッティア・ベッリーニ
  15. ヤコポ・トルーラ
  16. オリヴィエロ・ファビアーニ
  17. アンドレア・ロボッティ
  18. マルコ・リッチョーニ
  19. マルコ・ラザロニ
  20. マクシム・ムバンダ
  21. マルチェロ・ヴィオリ
  22. フェデリコ・モリ
  23. エドアルド・パドヴァーニ

ウェールズ

  1. ウィン・ジョーンズ
  2. ケン・オーエンズ
  3. トマス・フランシス
  4. コーリー・ヒル
  5. アラン=ウィン・ジョーンズ
  6. ジョッシュ・ナビディ
  7. ジャスティス・ティプリック
  8. タウルペ・ファレタウ
  9. ガレス・デイヴィス
  10. ダン・ビガー
  11. ジョッシュ・アダムス
  12. ジョナサン・デイビス
  13. ジョージ・ノース
  14. ルイス・リース・ザミット
  15. リアム・ウィリアムズ
  16. エリオット・ディー
  17. リース・キャル
  18. レオン・ブラウン
  19. ジェイク・ボール
  20. アーロン・ウェインライト
  21. トモス・ウィリアムズ
  22. カラム・シーディ
  23. ウィリス・ハラホロ

ここ3試合、50点近く点を取られているイタリアと強そうじゃないけど勝ち切ることのできるウェールズの対戦。

ウェールズのほうはメンバーを落とすかと思いきや、ほぼ正規メンバーですね。

シックスネーションズで優勝するためにもボーナスポイント必須の対戦なので、休養明けということもあり、このようなメンバーとなるのでしょうね。

しかし、イタリアを観ていると、ここまで他の5カ国と相手にならないチームなのでしょうかね?

日本とは勝ったり負けたりの試合をしていましたし、ここまで酷い状況にはならないような気もするのですが、やはり強国との連戦では、日本もこのようになってしまうのでしょうか?

個人的には、バーニー、ガルビジのハーフ団は気に入っているので、フランス大会までに、どんどんと成長して欲しいですね。