オールブラックスの新HC

オールブラックスの新HC

ニュース

ついにオールブラックスのHCが決定しましたね。

ガットランド、ジェイミーという大物HCが既に辞退していたこともあってか、恐らく大きな変化はないだろうと思ってはいましたが、ほぼ規定線通り2012年から8年間オールブラックスのアシスタントコーチを務めていたイアン・フォスターが、スティーブ・ハンセンの後を引き継ぐようですね。

契約は2020年からの2年となっているようで、ラグビーワールドカップ3位からの巻き返しなるかどうかが注目となりそうですね。

また、今後は4人のコーチが参加するのだそうで、この発表は後日となるようです。

イアン・フォスター

さて、そのイアン・フォスターなのですが、2012年から8年間オールブラックスのアシスタントコーチだったという実績以外では、2004から2011までスーパーラグビーのチーフスのHCだったようで、そのときの成績をみてみると・・・

  • 2004年・・・総合順位4位(ベスト4)
  • 2005年・・・総合順位6位
  • 2006年・・・総合順位7位
  • 2007年・・・総合順位6位
  • 2008年・・・総合順位7位
  • 2009年・・・総合順位2位(準優勝)
  • 2010年・・・総合順位11位
  • 2011年・・・総合順位10位

お世辞にもいい成績だとは言えませんね・・・。

しかも、その後チーフスは2012年にHCがデイブ・レニーへと交代し、2012年、2013年とスーパーラグビーを連覇するのですから、ちょっと不安感は残りますよね・・・。

おまけにそのデイブ・レニーはワラビーズを率いることになっているわけですから、オールブラックスファンからすれば、順調にHCが決定したとは思えないでしょうね。

とはいえ、今後発表される4人の新しいコーチ陣には期待が集まるのではないでしょうかね?

とはいえ、トニー・ブラウンは日本代表に残るようですし、あの天下のオールブラックスがここまでコーチ陣選びで苦労させられるなんて、ちょっと皮肉でもありますね。