2点差でフィジーの勝利

今週末、トゥイッケナム・スタジアムで行われたフィジーVSバーバリアンズの試合は、33-31でフィジーが勝ったようですね。

共に5トライずつ計10トライが生まれ、コンバージョンキックの差、フィジーが4本、バーバリアンズが3本しか決められなかったようで、スコア経過を見ると取りつ取られるという展開だったようで、最後バーバリアンズが追い上げたのですが届か図、このスコアとなったようです。

しかし観客は面白かったでしょうね。

ロースコアの試合もいいですけど、やはり両チームともに30点前後のスコアが出ると、スポーツという観点だけでなく、エンターテイメントとしてもしっかりと成り立つゲームとなりますよね。

フィジースコッド
フィジー

ただ不思議なのは、フィジーというチームで、バーバリアンズに勝ったり、マオリオールブラックスに勝つくせに、ワールドカップではウルグアイに負け、2003年以来となるワールドカップ勝利を御膳立てしてしまったり、本当に試合をしてみなければわからないチームですよね。

しかも今回のチーム、ナカラワやヤト、ヴォラヴォラ、ラドラドラ、トゥイソバ、ムリムリヴァルといった主力抜きでこの結果ですから、恐るべしです。

まぁ、そこがフィジーの魅力と言えば魅力なのですけどね。

フィジースコッド

  1. エロニ・マウィ(12 caps)
  2. Ratu Veremalua Vugakoto (9 caps)
  3. サムエラ・タワケ (初)
  4. テモ・マヤナバヌア(初)
  5. シケリ・ナボウ (6 caps)
  6. モセセ・ボカ (9 caps)
  7. ジョン・ダイア(1 cap)
  8. エレマシ・ラドロドロ (4 caps)
  9. フランク・ロマニ(14 caps)
  10. テティ・テラ (debut)
  11. パトリック・オズボーン(9 caps)
  12. セルペペリ・ヴラリカ (10 caps)
  13. アサエリ・ティコイロトゥマ (23 caps)
  14. ジウタ・ワイニコロ (初)
  15. エネレ・マレル (初)
  16. テビタ・イカニヴェラ(初)
  17. ジョエリ・ヴェイタヤキ(6 caps)
  18. モセセ・デュイヴァキ(3 caps)
  19. テビタ・ナカリ(初)
  20. メスラメ・クナヴラ(初)
  21. ペニ・マタワル (初)
  22. ケラブ・マンツ(初)
  23. サイリル・リース(初)

ちなみにフィジーの選手、初キャップの選手が多くて、名前表記に自信がありません・・・・。

バーバリアンズ

  1. テンダイ・ムタワリラ(南アフリカ)
  2. ローリー・ベスト(アイルランド)
  3. エンリケ・ピエレット(アルゼンチン)
  4. ルーク・ジョーンズ(オーストラリア)
  5. タイラー・アードロン(カナダ)
  6. ピート・サム(オーストラリア)
  7. マルコ・バン・シュターデン(南アフリカ)
  8. ジョッシュ・ストラウス(南アフリカ)
  9. ジョー・パウエル(オーストラリア)
  10. カーウィン・ボッシュ(南アフリカ)
  11. マカゾレ・マピンピ(南アフリカ)
  12.  アンドレ・エスターハイゼン(南アフリカ)
  13. マチュー・バスタロー(フランス)
  14. デリン・レイズ(南アフリカ)
  15. デイビット・ハビリ(ニュージーランド)
  16. アンドリュー・マカリオ(ニュージーランド)
  17.  キャンピージ・マアフ(フィジー)
  18. ヘンカス・ファン・ヴィック(南アフリカ)
  19. アンガス・コトレット(オーストラリア)
  20. マット・フィリップ(オーストラリア)
  21. ジャノ・バーマアック(南アフリカ)
  22. ルカン・アム(南アフリカ)
  23. モーネ・ステイン(南アフリカ)