ワールドカップ前最終ランキング

ついにラグビーワールドカップ前の最後のテストマッチが終わり、大会直前のランキングが発表されましたね。

  1. アイルランド
  2. ニュージーランド
  3. イングランド
  4. 南アフリカ
  5. ウェールズ
  6. オーストラリア
  7. スコットランド
  8. フランス
  9. フィジー
  10. 日本
  11. アルゼンチン
  12. ジョージア
  13. アメリカ
  14. イタリア
  15. トンガ
  16. サモア
  17. スペイン
  18. ルーマニア
  19. ウルグアイ
  20. ロシア

ほんの少し前であれば、ウェールズが世界ランキング1位だったのに、今は5位に転落するとは、上位チームの差はほんの少ししかないようですね。

ラグビーの場合、他のスポーツよりも強さがランキングに反映しやすいので、20位以内の17位スペイン、18位ルーマニアが出場できていないのは、不思議だと思われるかもしれませんが、実はこれ、ワールドカップ欧州予選でルーマニアは首位、2位スペイン、4位のベルギーだったのですが、この3カ国は無資格の選手を出場させたとして勝ち点をはく奪され、3位だったロシアに出場権が与えられることになったんですよね。

さてさて、この最新ランキングを踏まえ、ワールドカップのプールで分けてみると・・・。

プールA

  • アイルランド・・・・1位
  • スコットランド・・・7位
  • 日本・・・・・・・・10位
  • ロシア・・・・・・・20位
  • サモア・・・・・・・16位

プールB

  • ニュージーランド・2位
  • 南アフリカ・・・・4位
  • イタリア・・・・・14位
  • ナミビア・・・・・23位
  • カナダ・・・・・・22位

プールC

  • イングランド・・3位
  • フランス・・・・8位
  • アルゼンチン・・11位
  • アメリカ・・・・13位
  • トンガ・・・・・15位

プールD

  • オーストラリア・6位
  • ウェールズ・・・5位
  • ジョージア・・・12位
  • フィジー・・・・9位
  • ウルグアイ・・・19位

こうやってみると、プールC が死の組なのは当然ながら、意外にプールDもなかなかの厳しい状況となっているのではないでしょうかね?

さて、この台風の中、各国代表が続々と日本にやってきており、ドンドンと気持ちが高まってきましたね。

願わくば、大会中、雨は降らず、選手たちが快適な状況で試合ができるように暑さもほどほど、湿気もほどほどになってほしいものです。