オータムネーションズカップ、フィジーのスコッド

オータムネーションズカップ、フィジーのスコッド

ニュース

ヨーロッパで行われるオータムネーションズカップに参戦するフィジー代表32名が発表されましたね。

青いラインつきが、2019年のラグビーワールドカップ日本大会に出場した選手で14名が選ばれており、多くはヨーロッパで活躍している選手が中心となっており、フィジー本国からも9名ほど呼ばれているようですね。

FW

  • エロニ・マウイ
  • ペニ・ラバイ
  • Haereiti Hetet
  • メスラメ・ドラコト
  • サム・マタビシ
  • Tevita Ikanivere
  • Samuela Tawake
  • Mesake Doge
  • Jone Koroiduadua
  • テビタ・ラトゥバ
  • レオネ・ナカラワ
  • Temo Mayanavanua
  • Chris Minimbi
  • Mesulame Kunavula
  • Kitione Kamikamica
  • Johnny Dyer
  • アルバート・ツイスエ
  • Manueli Ratuniyarawa
  • Lekima Tagitagivalu

BK

  • フランク・ロマニ
  • Peni Matawalu
  • Simione Kuruvoli
  • ベン・ボラボラ
  • Tuidraki Samusamuvodre
  • セミ・ラドラドラ
  • レバニ・ボティア
  • Serupepeli Vularika
  • ジャレ・バトゥンブア
  • イセア・ナヤザレブ
  • ネマニ・ナドロ
  • ジョシュア・ツイソバ
  • ニ・ムリムリバル

まぁ、名前の読み方が難しい上、日本語での情報がないので、英語表記のままで記載しています。

フィジーはワールドカップやテストマッチではなかなか人を集めることができず、急造チームで望むことが多いのですが、今回のオータムネーションカップは、他の国も準備期間が短く、これまでのフィジーのような状態でもあるので、ひょっとすると、今回のフライングフィジアンは、大会を大きくかき乱してくれそうな予感がします。

11月15日にフランス、11月21日にイタリア、11月29日にスコットランドと対戦することになっているのですが、その前にウォームアップとして11月6日にポルトガルとも対戦するようですね。