スプリングボクス、グリーンVSゴールド

スプリングボクス、グリーンVSゴールド

2020年10月1日
ニュース

南アフリカの国内選手によるスプリングボクス候補が、グリーンチームとゴールドチームに別れて対戦するチームのメンバーが発表されましたね!

グリーンチームのキャプテンはコリシ、ゴールドのキャプテンはアムとなったようですよ。

コリシとアム
コリスとアム

グリーンチーム

  1. オックス・ニーチェ(シャークス)
  2. ボンギ・ンボナンギ(ストーマーズ)
  3. ルアン・デ・ブルーイン(チーターズ)
  4. J・D・シッカーリング(ストーマーズ)
  5. ハイロン・アンドリューズ(シャークス)
  6. シア・コリシ(ストーマーズ)
  7. アーノ・ボサ(ブルズ)
  8. ドウェイン・フェルミューレン(ブルズ)
  9. サネレ・ノハンバ(シャークス)
  10. エルトン・ヤンチーズ(ライオンズ)
  11. マルコム・ジャー(チーターズ)
  12. フランソワ・ステイン(チーターズ)
  13. Wandisile Simelane(ライオンズ)
  14. Yaw Penxe(キングス)
  15. ジャンニ・ロンバード(ライオンズ)
  16. スカルク・エラスマス(ストーマーズ)
  17. Kwenzo Blose(ストーマーズ)
  18. トーマス・デュトイ(シャークス)
  19. JJファンデルメッシュ(シャークス)
  20. Juarno Augustus(ストーマーズ)
  21. ジュニア・ポコメラ(チーターズ)
  22. エンブローズ・パピエ(ブルズ)
  23. マヌエル・リブボック(ブルズ)
  24. ジェレミー・ワード(シャークス)
  25. Kade Wolhuter
グリーンチーム
グリーン

ゴールドチーム

  1. スティーヴン・キッツォフ(ストーマーズ)
  2. スカーラ・ントゥベニ(ストーマーズ)
  3. ルアン・ドレイヤー(ライオンズ)
  4. Salmaan Moerat(ストーマーズ)
  5. マービン・オリー(ライオンズ)
  6. マルコ・バン・シュターデン(ブルズ)
  7. ニザーム・カー(ブルズ)
  8.  Sikhumbuzo Notshe(シャークス)
  9. ハーシェル・ヤンチース(ストーマーズ)
  10. ダミアン・ウィレミセ(ストーマーズ)
  11. コートナル・スコーサン(ライオンズ)
  12. リクス・プリトリアス(ストーマーズ)
  13. ルカン・アム(シャークス)
  14. ロスコー・スペックマン(ブルズ)
  15. ウォリック・ヘラント(ブルズ)
  16. ディラン・リチャードソン(シャークス)
  17. ディラン・スミス(ライオンズ)
  18. カルリュ・セイディー(ライオンズ)
  19. ジェイソン・ジェンキンス(ブルズ)
  20. ジェームズ・フェンター(シャークス)
  21. Vincent Tshituka(ライオンズ)
  22. イヴァン・バン・ジル(ブルズ)
  23. カーウィン・ボッシュ(シャークス)
  24. ヴェルナー・コック(シャークス)
  25. マニー・ラス(ライオンズ)
ゴールドチーム
ゴールドチーム

さすがにワールドカップ優勝メンバーと比べてしまうと見劣りしてしまいますが、国内選手だけでもこれくらいのメンバーが揃うのは流石ですね。

とはいえ、怪我やコロナの影響によって、ニャカネ、マルハーバ、デュトイなども選ばれていないわけですから、恐るべしボクスですよね。

とはいえ、先週行われたスーパーラグビー4チームによるスーパーファンサタデーを観ていると、やはり選手たちのプレーがいまいち本調子ではなく、コロナのブランクがあまりに大きいようですので、ニュージーランドのアイランドマッチのような豪華な試合は期待しない方がよさそうです。

南アもあと数試合消化しなければ、本来の調子に戻るのは難しそうです。

ちなみに、JSPORTSでも放送されるので、お見逃しなく!!!

スプリングボク・ショーダウン

放送日:2020年10月3日(土)午後11時55分~

  • 解説:小林深緑郎、村上晃一
  • 実況:土居壮
  • 会場:DHLニューランズ, ケープタウン

ラグビーワールドカップ2019で頂点に立ったスプリングボクス(南アフリカ代表)が再始動!
10月9日に開幕する南アフリカのスーパーラグビーに先立って、10月3日「スプリングボク・ショーダウン」と題した代表選考試合がケープタウンのDHLニューランズで開催される。
11月7日(土)に開幕予定の「ザ・ラグビーチャンピオンシップ」に挑むスプリングボクス入りを目指し、
ワールドカップ優勝メンバー13人に若い有望株加えた代表候補選手たちが「グリーン」チーム、「ゴールド」チームに分かれてセレクションマッチを行う。

https://www.jsports.co.jp/program_guide/03/07/88465_1239122/