南アフリカVSジョージア戦のスプリングボクス

南アフリカVSジョージア戦のスプリングボクス

ニュース

ついに待ちに待った世界ランキング1位のテストマッチ復帰ですね。

スプリングボクス

  1. オックス・ンチェ(セールシャークス)
  2. ボンギ・ムボナンビ(ストーマーズ)
  3. トレヴァー・ニャカネ(ブルズ)
  4. エベン・エツベス(トゥーロン)
  5. フランコ・モスタート(ホンダヒート)
  6. シア・コリシ(セールシャークス)
  7. ピーター・ステフデュトイ(ストーマーズ)
  8. クワッガ・スミス(ヤマハ)
  9. コーバス・レイナ(モンペリエ)
  10. ハンドレ・ポラード(モンペリエ)
  11. アフェレレ・ファッシ(セールシャークス)
  12. フランソワ・ステイン(チーターズ)
  13. ジェシー・クリエル(キヤノン)
  14. ロスコー・スペックマン(チーターズ)
  15. ウィリー・ルルー(トヨタヴェルブリッツ)
  16. マルコム・マークス(クボタスピアーズ)
  17. スティーブン・キッツホフ(ストーマーズ)
  18. フランス・マルハーバ(ストーマーズ)
  19. マーヴィン・オリー(ストーマーズ)
  20. ジャスパー・ウィーゼ(レスタータイガース)
  21. ハーシェル・ヤンチース(ストーマーズ)
  22. エルトン・ヤンチース(ポー)
  23. ダミアン・ウィレミセ(ストーマーズ)

いや、なかなかのメンバーですね。

トップリーグでもお馴染みのモスタート、クワッガ、クリエル、ルルーの4名が先発で登場し、控えにはマルコム・マークスですから、親近感が沸きますね。

しかもトップリーグ経験者で言えば、エツベス、ポラード、ステイン、エルトン・ヤンチースがいますし、デュトイも日本にやってくるなんて噂もありますから、日本のラグビーファンには堪らないですね。

コロナの影響により十分なトレーニングができていないようですが、この顔ぶれを見れば、チーム間の連携関係なく、フィジカルバトルで圧倒しそうですね。

しかし、今回のメンバー以外にも、デヤハー、スナイマン、フェルミューレン、デクラーク、アム、ディアリエンディ、コルビ、マピンピがいるんですから、強すぎですよね。

オールブラックス以外には負けなさそうですし、そのオールブラックスでさえいまだに10番問題が解決していませんし、バックスが不動ではありませんから、当分世界ランク1位は崩れなさそうですよね。