スコットランドとアイルランドのメンバー

今ワールドカップで日本代表にとっては1番の相手といってもいいスコットランドのメンバーが発表されましたね。

てっきりレイドローがキャプテンを務めるのかと思っていたら、なんとHOのマキナリーがキャプテンのようで、なかなか思い切ったことをしてきましたね。

FW

  1. ジョン・バークレー(エディンバラ) – 74キャップ
  2. サイモン・バーガン (エディンバラ) – 21キャップ
  3. フレイザー・ブラウン(グラスゴー) – 42キャップ
  4. スコット・カミングス(グラスゴー) – 3キャップ
  5. アラン・デル(ロンドンアイリッシュ) – 24キャップ
  6. ザンダー・ファーガソン(グラスゴー) – 21キャップ
  7. グラント・ギルクリスト(エディンバラ) – 36キャップ
  8. ジョニー・グレイ (グラスゴー) – 51キャップ
  9. スチュアート・マキナリー (エディンバラ) – 29キャップ
  10. ヴィレム・ネル(エディンバラ) – 31キャップ
  11. ゴードン・リード(アイリッシュブルズ) – 36キャップ
  12. ジェイミー・リッチー(エディンバラ) – 11キャップ
  13. ブレイド・トムソン(スカーレッツ) – 1キャップ
  14. ベン・トゥーリス(エディンバラ) – 20キャップ
  15. ジョージ・ターナー(グラスゴー) – 7キャップ
  16. ハミッシュ・ワトソン(エディンバラ) – 27キャップ
  17. ライアン・ウィルソン(グラスゴー) – 44キャップ

BK

  1. ダーシー・グラハム(エディンバラ) – 6キャップ
  2. クリス・ハリス(グロスター) – 9キャップ
  3. アダム・ヘイスティングス(グラスゴー) – 13キャップ
  4. スチュアート・ホッグ(エクスターチーフス) – 69キャップ
  5. ジョージ・ホーン (グラスゴー) – 6キャップ
  6. ピート・ホーン(グラスゴー) – 42キャップ
  7. サム・ジョンソン(グラスゴー) – 5キャップ
  8. ブレア・キングホーン (エディンバラ) – 14キャップ
  9. グレイグ・レイドロー(クレルモン) – 73キャップ
  10. ショーン・マイトランド(サラセンズ) – 42キャップ
  11. アリ・プライス(グラスゴー) – 26キャップ
  12. フィン・ラッセル(ラシン92) – 46キャップ
  13. トミー・シーモア(グラスゴー) – 51キャップ
  14. ダンカン・テイラー(サラセンズ) – 22キャップ

あれ、ヒュー・ジョーンズがいない。
イケメン枠ナンバー1のリッチー・グレイが選ばれないであろうことは予測はできていましたけど、ヒュー・ジョーンズもダメですか・・・。

アイルランドのメンバー

ちなみにアイルランドのメンバーもすでに発表されています。

Squad-List-31-names-2000x1400-0101-1248x874

こちらも日本に合わせてくれたのか、日本語での表記となっています。

まぁ、ある程度順調なメンバーだとは思うのですが、ロックのデビン・トナーがいませんね。

やはり直前になってメンバー落選してしまうのは、とても残念ですし、本人たちもさぞ辛いでしょうね。

そんなメンバーのためにも各国代表は、悔いのないように戦ってもらいたいものです。