スコットランド

VSアイルランド戦スコットランドスコッド

注目のワールドカップAグループの再戦、アイルランドVSスコットランド戦のスコットランドスコッドが発表されましたね。

グレイグ・レイドローが代表引退後、初の代表選となりますが、キャプテンがスチュアート・ホッグとなって、どのようなラグビーをするのでしょうかね。

アリ・プライスとアダム・ヘイスティングスのハーフ団ですから、これまでのスコットランドとは異なり、スピーディーなラグビーになりそうですね。

フィン・ラッセルがチーム規定に抵触したため、初戦のアイルランド戦に出場しないことは既に発表されていましたけど、このアイルランド戦の結果いかんによれば、このままチームを離れるなんてこともあり得るかもしれませんね。

スコットランド
  1. ロリー・サザーランド(エディンバラ) – 3 caps
  2. フレイザー・ブラウン(グラスゴー) – 46 caps
  3. ザンダー・ファーガソン(グラスゴー) – 25 caps
  4. スコット・カミングス(グラスゴー) – 8 caps
  5. ジョニー・グレイ(グラスゴー) – 55 caps
  6. ジェイミー・リッチー(エディンバラ) – 14 caps
  7. ハミシュ・ワトソン(エディンバラ) – 28 caps
  8. ニック・ハイニング(エディンバラ) – uncapped
  9. アリ・プライス(グラスゴー) – 28 caps
  10. アダム・ヘイスティングス(エディンバラ) – 16 caps
  11. ブレア・キングホーン (エディンバラ) – 17 caps
  12. サム・ジョンソン (グラスゴー) – 9 caps
  13. ヒュー・ジョーンズ(グラスゴー) – 23 caps
  14. ショーン・マイトランド(サラセンズ) – 44 caps
  15. スチュアート・ホッグ (エクセターチーフス) – 72 caps
  16. スチュアート・マキナリー(エディンバラ) – 33 caps
  17. アーラン・デル (ロンドンアイリッシュ) – 28 caps
  18. サイモン・バーガン (エディンバラ) – 24 caps
  19. ベン・トゥーリス(エディンバラ) – 22 caps
  20. コーネル・デュ・プレズ(ウスター) – 6 caps
  21. ジョージ・ホーン(グラスゴー) – 10 caps
  22. ロリー・ハッチンソン (ノーサンプトン・セインツ) – 3 caps
  23. クリス・ハリス (グロスター) – 14 caps