アオテアロア開幕戦第1節 ハイランダーズ vs チーフス

アオテアロア開幕戦第1節 ハイランダーズ vs チーフス

2020年6月12日
アオテアロア

6月13日更新

なんと直前にハイランダーズのメンバーが交代となりましたね。

前日練習で10番イオアネが怪我による故障で、10番にハントが、15番にコロイが入り、リザーブ23番には、チーフスHCウォーラン・ガットランドの息子であるブリン・ガットランドが入るようです。図らずも親子対決が実現したわけですね。


新型コロナウイルスの影響で多くのスポーツが中止・延期となっていたのですが、ついにラグビーも久しぶりの復活!!

しかもラグビー王国であるニュージーランドから再開となるわけですから、久しぶりにハイレベルな試合を期待できそうですね!

記念すべき開幕戦なのですが、ハイランダーズがダニーデンのフォーサイス・バー・スタジアムにチーフスを迎えての1戦です。

コロナウイルスでスーパーラグビーが中断されるまでは、ニュージーランドカンファレンスで4勝2敗の3位チーフス、1勝4敗1分で5位のハイランダーズと順位に差が出ている両チームですが、今季に限ってはまだ対戦していなかったので、どのような試合になるのか楽しみですね。

スコッド

ハイランダーズ

  1. イーディン・ジョンストン
  2. アッシュ・ディクソン
  3. シアテ・トコラヒ
  4. パリパリ・パーキンソン
  5. ジョッシュ・ディクソン
  6. シャノン・フリゼル
  7. ディロン・ハント
  8. マリノ・ミカエレ・トゥウ
  9. アーロン・スミス
  10. ジョッシュ・イオアネ ミッチ・ハント
  11. ジョナ・ナレキ
  12. シオ・トムキンソン
  13. ロブ・トンプソン
  14. サム・ギルバート
  15. ミッチ・ハントヴィリモニ・コロイ
  16. リアム・コルトマン
  17. ダニエル・レイナート・ブラウン
  18. ジェフ・スウェイツ
  19. マナーキ・セルビー・リッキト
  20. テアキリ・ベン・ニコラス
  21. ケイン・ハミルトン
  22. テイホランギ・ウォールデン
  23. ヴィリモニ・コロイ ブリン・ガットランド

チーフス

  1. エイダン・ロス
  2. サミソニ・タウケイアホ
  3. ネポ・ラウララ
  4. ミッチ・ブラウン
  5. トゥポウ・バアイ
  6. ルーク・ジェイコブソン
  7. ラクラン・ボッシャー
  8. ピタ・ガス・ソワクラ
  9. ブラッド・ウェバー
  10. ケイレブ・トラスク
  11. ショーン・ワイヌイ
  12. アントン・レイナート・ブラウン
  13. クイン・トゥパエア
  14. ショーン・スティーブンソン
  15. ダミアン・マッケンジー
  16. ブラッドリー・スレーター
  17. ライアン・コックソン
  18. ロス・ゲルデンヒュイス
  19. ネイトア・アー・クオイ
  20. ディラン・ネル
  21. テイトロア・タフリオランギ
  22. アーロン・クルーデン
  23. エテネ・ナナイ・セトゥーロ

こうやって見比べてみると、やっぱりチーフスのほうが強そうですね。

ハイランダーズは、ミルナースカッダーが加入したとは言え、今節は出場しないみたいですし、今季のコロナウイルス前のようにアーロン・スミスが暴走しかねないようなメンツとなっています。

せめて15番にベン・スミスがいるだけでも、アーロンの選択肢がかなり増えるんですけどね。

チーフスはというと、ルーク・ジェイコブソンの復帰は嬉しいところですね!
19年のラグビーワールドカップでは大会1週間前に脳しんとうでチームから離脱していますし、その代わりにシャノン・フリゼルが追加召集されているわけですから、ここの6番対決も見ものではないでしょうかね。

というか、肝心なサム・ケインは出ないんかい!!!
とはいえ、今季ボッシャーのほうが乗っていますし、オールブラックスでもキャプテンに就任したとはいえ、ケインを脅かす存在に成長するかも知れませんよね。

バックススリーに関して言えば、アライマロが出れないくらいいい選手が揃っていますね。

ワイヌイ、スティーブンソン、アライマロは、身長が190cmあるわけで、他のチームからすれば羨ましい限りなんですけど、ここにマッケンジーが入ってくるともなると、高さを犠牲にしてでも15番で使いたくもなりますよね。

この試合は、6月13日午後3:30からの開始になったので、見逃さないようにしましょうね!