ウェールスVSスコットランド

ウェールズVSスコットランドのスコッド

今週末のシックスネーションズは、イタリアVSイングランド、フランスVSアイルランドが中止となり、唯一開催されるのがウェールズVSスコットランド

追記
残念ながら、3月13日にウェールズVSスコットランドの試合も中止と発表されました。

現在2勝2敗で暫定3位のスコットランドとまさかの1勝3敗の5位に甘んじているウェールズの対戦となるわけですが、ガットランドの後を受けたピヴァクとしては、ここで勝っておけば最悪でも4位以上となりますし、意地を見せたいところでしょうね。

ウェールズ

  1. ウィン・ジョーンズ
  2. ケン・オーエンズ
  3. ウィルグリフ・ジョン
  4. コリー・ヒル
  5. アラン=ウィン・ジョーンズ
  6. ロス・モリアーティー
  7. ジャスティス・ティプリック
  8. ジョシュ・ナビティ
  9. リース・ウェブ
  10. ダン・ビガー
  11. リアム・ウィリアムズ
  12. ハドリー・パークス
  13. ニック・トンプキンズ
  14. ジョージ・ノース
  15. リー・ハーフペニー
  16. ライアン・イライアス
  17. リース・キャル
  18. レオン・ブラウン
  19. ウィル・ローランズ
  20. タウルぺ・ファレタウ
  21. ガレス・デイビズ
  22. ジャロッド・エバンス
  23. ジョニー・マクニコール

スコットランド

  1. ロリー・サザーランド
  2. スチュアート・マキナリー
  3. ザンダー・ファーガソン
  4. サム・スキナー
  5. グラント・ギルクリスト
  6. ジェイミー・リッチー
  7. ハミッシュ・ワトソン
  8. マグナス・ブラッドベリー
  9. アリ・プライス
  10. アダム・ヘイスティングス
  11. ブレア・キングホーン
  12. サム・ジョンソン
  13. クリス・ハリス
  14. ショーン・マイトランド
  15. スチュアート・ホッグ
  16. フレイザー・ブラウン
  17. アラン・デル
  18. ウィリアム・ネル
  19. スコット・カミングス
  20. マット・ファーガソン
  21. ジョージ・ホーン
  22. ダンカン・ウィアー
  23. カイル・ステイン

しかし、ここのところスコットランドのハーフ団、アリ・プライスとアダム・ヘイスティングスは板についてきましたね。

今回、ウェールズに勝つようなことがあれば、今後フィン・ラッセルの復帰は当分なさそうな感じになりそうですし、4年後を見据えると、アダム・ヘイスティングスを軸にしていくような気もしますね。

ジェイミー・リッチー、ハミッシュ・ワトソンの両フランカーもなかなかいいですし、今後さらに強くなっていきそうな気もしますよね。

ウェールズについては、やはり怪我人の多さが目立ち、なかなかベストメンバーを組むことができませんね。

FW3列が揃い出したかと思えば、エースであるジョシュ・アダムスの戦線離脱、SHは充実しているとはいえ、トモス・ウイリアムズの負傷、SOに至ってはビガーが健在とはいえ、若いリース・パッチェルや2019年のシックスネーションズ全勝優勝に貢献したガレス・アンスコムもいまだ復帰の目処もたっていないようですからね。

とはいえ、新型コロナウイルスの影響で様様なスポーツやイベントが影響を受け、世界は疲弊している状況ですから、その中で行われる数少ないゲームのうちのひとつですから、面白い試合を期待したいですね。

できれば、先週のスコットランドVSフランスのような試合展開だけは勘弁して欲しいですね・・・。