日本が3連勝!

日本代表がサモアに勝ちましたね!

いや〜、良かった。
前半だけをみていると、1〜2戦とは異なり湿度があまり気にならなかったのか、それとも慣れたのか、サモアも調子を上げてきており、嫌な予感がしましたよね。
前半最後のサモアのペナルティキックがきまったときには、ヒヤヒヤしたものです。

なにせ日本がPGでリードすれば、サモアもPGで得点を離されないように付いてくるという展開でしたし、サモアのセットプレーが前2試合よりも安定していたうえ、シンビンが出たとはいえ、規律が良かったですよね。

なにせ最終スタッツでは、反則数が日本とサモアが同数の10でしたからね。

しかし、後半残り10分からは痺れましたね!!!
勝ち逃げしようというのではなく、4トライをとってのボーナスポイントを狙っていくような姿勢でしたし、最後サモア陣での両チームのスクラム合戦は本当に見応えがありましたね。

スコアが日本から見て31−19でしたので、サモアからすれば勝てないまでも7点差以内での敗戦であれば、ボーナスポイント1点を加えることができるので、次戦のアイルランドに勝てばプール戦に勝ち上がるかも知れないという可能性が残りますし、日本側からすれば、あと1トライで4トライ以上でのボーナスポイントを獲得しておけば、次のスコットランド戦を有利に戦うことができます。

それぞれの思惑を残しつつの、サモアのスクラム選択は本当に痺れました!!
あそこでもしサモアが蹴り出していれば、日本のボーナスポイントもなかったわけですし、サモアも自分たちの可能性を信じ、スクラムを選択し、トライを取ろうとした姿勢は、本当に感動しました!

なぜか今大会、圧勝しているチームであっても試合終了で蹴り出して終わることを選択することなく、攻撃につなげていくことが多いですよね。
(アイルランドは敗けていても蹴り出しましたけどね・・・。)

まぁ、これによってイングランドは、所詮アメリカにトライを取られることになるのですが、こういう試合こそ、ラグビーを熱くさせますよね。

しかも強いものが逃げることなく戦うというのがいいですね。
あの試合、最後にトライを取られたとは言え、イングランドの戦う姿勢が伝わり、これこそラグビーだ!なんて思わされましたよね。

3つ勝ったけど

さて、日本代表はこれで3勝したわけですが、それでもプール戦の勝ち上がりが決定しないなんて、なかなかの死の組とも言えますよね。

現在のところ、プール戦勝ち上がりが決まっているのは、イングランドだけですし、死の組だと言われていたプールCで1番最初の勝ち上がりが決定するのも、また今大会の面白さを象徴しています。

プールAに関して言えば、まさに最後までわからない展開となっていますよね。
勝ち抜けることができるのは、日本、アイルランド、スコットランドだけとなっているとはいえ、最終節、それぞれの結果次第でどのチームが上がっていくのかがわかりませんので、勝つことが必須となっています。

また負けるにせよ、どのように負けるのかによっても変わってきますので、10月12日のアイルランドVSサモアの結果が、日本代表の戦い方を決定しそうです。

まぁ、その前に10月9日、ロシアがスコットランドに勝ってくれれば、1番いいのですけどね。

とはいえ、今大会、規律がとても大切となりますよね。
ハイタックルが厳しく取られるようになってきているので、小さな日本からすると有利となっていますし、反則を犯さないことが勝つことへの近道となっていますから、今後もワールドラグビーは選手を守りつつ、ラグビーがいい方向に向かっていくといいですね。

反面、レッドカードが試合を壊すこともあります。

南アフリカVSイタリア、イングランドVSアルゼンチンなどは、格下のイタリア、アルゼンチン側にレッドカードが出て、14人で戦わなければならなくなると、一気に興ざめしてしまいますよね。

イタリアは約40分、アルゼンチンにおいては60分強、14人での戦いとなったわけですから、これでは格上に対抗できるわけありませんよね。

また南アフリカVSイタリアでは、3番プロップが負傷により、スクラムがノーコンテスト、つまり押し合いへし合いを行わず、形だけ組むというラグビーになってしまったのですが、この試合によって、やっぱりラグビーはスクラムがなければつまらないなと思いましたよね。

個人的には、スクラムでグダグダ時間を取られ、何度もやり直しするのは好きではなく、試合スピードを殺してほしくないのですが、流石にワールドクラスの審判となると早めにどちらかに優劣をつけるようにしていますよね。

トップリーグなんかだと、いつまでもやり直しで興ざめすることもあるのですが、あのように素早く優劣をつけるような裁定を行うのであれば、観ている側にも間延びしませんし、キビキビしていていいですよね。
(とはいえ、スクラム組んでいる人には申し訳ないんですけどね・・・。)

さて、日本代表の大一番が10月13日に行われます。
これこそ、本気になって応援しましょう!!!