アオテアロア第6節ブルーズVSハリケーンズのスコッド

アオテアロア第6節ブルーズVSハリケーンズのスコッド

アオテアロア

勝ち越しているチームがクルセイダーズだけという、過酷なアオテアロア第6節、ブルーズVSハリケーンズのスコッドが発表されました。

しかし、アオテアロアは凄いですよね。

全5チーム、第5節を終え、最下位のハイランダーズでも得失点差が-30点、1勝3敗の勝点5という数字を残しているのですから、ここまで各チームのレベルが拮抗していると毎試合が楽しみでなりませんね。

今季限りで終了してしまうトップリーグですが、ここにきて各チームの力差が大きく出始め、大差での勝負が多くなりつつあり、次の新リーグではチームレベルが拮抗した試合が毎試合楽しめるようなリーグにして欲しいですね。

やっぱりホームアンドアウェイで、強いチーム同志は年2回は対戦して欲しいもの。

ブルーズVSハリケーンズ

ブルーズ

  1. カール・トゥイヌクアフェ
  2. ルテル・トライ
  3. オファ・トゥンガファシ
  4. ゲラード・カウリーツイオティ
  5. サム・ダリー
  6. トム・ロビンソン
  7. ダルトン・パパリィ
  8. ホスキンス・ソトトゥ
  9. サム・ノック
  10. オテレ・ブラック
  11. ケイレブ・クラーク
  12. TJファイアネ
  13. リエコ・イオアネ
  14. マーク・テレア
  15. ステファン・ペロフェタ
  16. レニ・アピサイ
  17. アレックス・ホッジマン
  18. ネポ・ラウララ
  19. ジョッシュ・グッドヒュー
  20. アキラ・イオアネ
  21. ジョナサン・ルルー
  22. ハリー・プラマー
  23. AJ ・ラム

ハリケーンズ

  1. フレイザー・アームストロング
  2. デイン・コールズ
  3. ティレル・ロマックス
  4. ジェイムズ・ブラックウェル
  5. スコット・スクラフトン
  6. リード・プリンセプ
  7. デュプレッシー・キリフィ
  8. アーディー・サベア
  9. ルーク・キャンベル
  10. オービン・レジャー
  11. サレシ・ラヤシ
  12. ンガニ・ラウマペ
  13. ビリー・プロクター
  14. ジュリアン・サベア
  15. ジョーディー・バレット
  16. リッキー・リチテリ
  17. ザヴィア・ヌミア
  18. テビタ・マフィレオ
  19. イサイア・ウォーカー・ローウィ
  20. デヴァン・フランダース
  21. ジョナサン・タウマテイネ
  22. ピーター・ウマガ・ジェンセン
  23. ウェス・フーセン

ブルーズは、パトリック・トゥイプロトゥが肩の負傷で出られないようですが、先週調子の良かったトム・ロビンソンが先発に名を連ね、12番にファイアネが入りましたね。

個人的にこの二人は好きな選手ですから、先発で出場するのは嬉しいですね。

アキラ・イオアネが悪いというわけではないのですが、できればロビンソンを一度オールブラックスの6番で使ってみて欲しいんですけどね・・・。保守的なフォスターじゃ無理かな・・・。

一方のハリケーンズは先週の勝利から連勝を狙い、上位進出となるでしょうかね?

バレットが抜け、ペレナラが抜け、ちょっと心配だったハリケーンズですけど、急遽組まれたハーフ団も時間経過とともに馴染んできたようですし、今後の巻き返しに期待ですね。

無敗で首位独走中のクルセイダーズを止めるのは一体どちらのチームになるでしょうかね?