AU第8節、ワラターズはマイケルハント次第?

AU第8節、ワラターズはマイケルハント次第?

Super Rugby AU

AU第8節は2試合とも力差がはっきりしすぎた試合でしたね。

レッズ、ブランビーズは首位を争っているだけに勢いがあり、ディフェンスがかなりよく、フォースはともかくワラターズはトライを取れる気がしませんでしたね。

12番カーマイケルハントが出場していなかったのですが、もし出場していればもっと競った試合になったと思うのですけどね。

とはいえ、この2試合ともミスの多いチームが惨敗という形になり、フォースとワラターズのアタックは全く通用していませんでしたね。

特にブランビーズはディフェンスが上手でラックに人と時間をかけず、ワラターズに展開させ、仕留めるという感じで、ディフェンスで一切無駄なパワーを使っていませんでしたよね。

もうワイドに展開するのがわかりきっており、楯を突ける強力なランナーもいないので楽だったでしょうね。

今回の結果を見る限り、ワラターズが準決勝に進むのはかなり厳しくなったのではないでしょうかね?

現在の準決勝進出への道が残っているチームの順位を見てみると・・・。

  1. ブランビーズ・・6試合5勝1敗(勝ち点23)
  2. レッズ・・・・・7試合4勝2敗1分(勝ち点21)
  3. ワラターズ・・・7試合3勝4敗(勝ち点15)
  4. レベルズ・・・・6試合3勝2敗1分(勝ち点14)

レッズ・ワラターズは残り1試合、ブランビーズ、レベルズは残り2試合でその2試合の中でともにフォース戦を残していますから、現状の流れだとほぼ勝点4は取ってくるでしょうし、最終第10節にレッズVSブランビーズの試合が残っているとはいえ、恐らく第9節にブランビーズがフォースに勝ち、首位通過を確定させるのではないでしょうかね。

ワラターズは第9節でレベルズとの対戦となるのですが、ここで3トライ差以上のボーナスポイントを奪って勝たなければ、準決勝への道はほぼありませんから、最終試合決死の覚悟で臨んでくるでしょうけど、ここでカーマイケルハントが復帰してこれない場合、今週と同じ目に会う可能性は高いですね。

しかし、気がつけばスーパーラグビーAUもシーズン2節、準決勝と決勝の残り4週となってしまいましたね。

北半球のラグビーが徐々に開幕しはじめてきたとはいえ、観れるのはDAZNでプレミアシップ毎週2試合だけですし、せめてTOP14の松島選手のいるクレルモンの試合をJスポーツか、BSあたりで放送してくれるといいんですけどね・・・。