Schalk Brits

バーバリアンズスコッドVSウェールズ

2019年、バーバリアンズ最終戦、VSウェールズのスコッドが発表されましたね。

この試合を最後に、ローリー・ベストとスカルク・ブリッツは国際レベルでのキャリアを終えるようですから、相手が強敵のウェールズとはいえ、バーバリアンズメンバーは最後に一花持たせてやりたいと奮闘するのではないでしょうかね?

バーバリアンズ
  1. キャンピージ・マアフ
  2. ローリー・ベスト (c)
  3. ウィルクハーン ハーブスト
  4. ルーク・ジョーンズ
  5. タイラー・アードロン
  6. ピート・サム
  7. マルコ・バン・シュターデン
  8. ジョッシュ・ストラウス
  9. ブリン・ホール
  10. カーウィン・ボッシュ
  11. コーネル・ヘンドリックス
  12. アンドレ・エスターハイゼン
  13. マチュー・バスタロー
  14. デリン・レイズ
  15. ショーン・スティーブンソン
  16. スカルク・ブリッツ
  17. クレイグ・ミラー
  18. ヘンカス・ファン・ヴィック
  19. ジョージ・ビアッジ
  20. アンガス・コトレット
  21. ジャノ・バーマアック
  22. ビリー・ミークス
  23. マット・ダフィ

あれ?クレイグ・ミラーって、最初からいたっけ?

というか、この時期トップリーグに合わせて、パナソニック・ワイルドナイツで練習しておかなければいけないのでは???

・・・これ、ひょっとするとサンウルブズ?

バーバリアンズの公式HPでもクレイグミラーの所属チームはパナソニックではなく、サンウルブズになっているから、これ確定かも!!
だとしたら、嬉しいなぁ。

と思ったら、コーチ陣にガットランドとともにロビー・ディンズも名を連ねているから、ついでにクレイグミラーもってことかも知れませんね・・・。

なにせロビー・ディンズもパナソニックを指導しなくていいんかい!!ってことでもありますからね・・・。

でもヘンカスはサンウルブズで間違いなさそうですよね。

何せサニックスを退団し、いまのところ所属なしの状態ですから、ぜひともサンウルブズに参加して欲しいですよね!