ティピュリック

ウェールズスコッドVSバーバリアンズ

11月30日(現地時間)に行われるウェールズVSバーバリアンズ戦のウェールズ代表スコッドが発表されましたね。

ガットランドHC、アランウィンジョーンズというキャプテンが退いた後、ウェイン・ピバックHCになって初めてのスコッドのキャプテンは、青いヘッドキャップがトレードマークとなっているFLジャスティン・ティピュリックが務めるようですね。

  1. ウィン・ジョーンズ (3位決定戦控え)
  2. ケン・オーエンズ (3位決定戦先発)
  3. ディロン・ルイス (3位決定戦先発)
  4. ジェーク・ボール (3位決定戦控え)
  5. アダム・ビアード (3位決定戦先発4番)
  6. アーロン・シングラー (3位決定戦控え)
  7. ジャスティン・ティピュリック (3位決定戦先発6番)
  8. アーロン・ウェインライト (WCメンバー)
  9. トモス・ウィリアムズ (3位決定戦先発)
  10. ジャロッド・エバンス
  11. ジョシュ・アダムズ (3位決定戦先発)
  12. ハドリー・パークス (WCメンバー)
  13. オーウェン・ワトキン (3位決定戦先発12番)
  14. ジョニー・マクニコール
  15. リー・ハーフペニー (WCメンバー)
  16. エリオット・ディー (3位決定戦控え)
  17. ロブ・エバンス
  18. レオン・ブラウン
  19. セブ・デイビーズ
  20. オリー・グリフィス
  21. ガレス・デービス(3位決定戦控え)
  22. サム・デイビーズ
  23. オーウェン・レーン (WCメンバー)

まぁ、こうやってみるとラグビーワールドカップ出場の選手が多いのですが、フライハーフだけがあまり見慣れない顔ですね。

10番、ジャロッド・エバンスは23歳、カーディフブルースでプレイしている期待の新星らしく、既に3キャップもっているようでシックスネーションズでスコットランド戦に、ワールドカップ前の試合でアイルランド戦、イングランド戦に出場しているようですね。

22番サム・デイビーズは26歳で8キャップでドラゴンズでプレイするようですね。

しかし、アンスコム、ビガー、パッチェルという3番手以内のフライハーフが出場できないなんて、やっぱりラグビーは激しいスポーツですよね。

ワールドカップではウェールズ4位という結果でしたけど、ファレタウ、アンスコムが出場できず、リーアム・ウイリアムズも大会中に怪我などでベストメンバーを全く組むことができなかったわりに、ガットランドが上手にやりくりしていましたよね。

控えの選手たちのクオリティーも高いということもあるのでしょうけど、やっぱりラグビーってHC次第で強くもなったり、弱くもなったりするのでしょうね。