ウェールズ代表、秋シーズンスコッド38名

ウェールズ代表、秋シーズンスコッド38名

ニュース

シックスネーションズ6カ国にジョージア、フィジーを加えたAutumn Nations Cupに向け、各国がスコッドを発表し始めましたね。

ガットランドの後を引き継いだ、ウェイン・ピヴァックによる初のメンバー発表となります。

FW

  • リース・キャル(カーディフブルース、8キャップ)
  • ウィン・ジョーンズ(スカーレッツ、25キャップ)
  • ニッキー・スミス(オスプレイ、35キャップ)
  • ケン・オーエンズ(スカーレッツ、77キャップ)
  • ライアン・エリアス(スカーレッツ、13キャップ)
  • サム・パリー(オスプレイ)
  • サムソン・リー(スカーレッツ、41キャップ)
  • ディロン・ルイス(カーディフブルース、26キャップ)
  • トマス・フランシス(エクセターチーフ、48キャップ)
  • レオン・ブラウン(ドラゴンズ、10キャップ)
  • アラウィン・ジョーンズ( オスプレイ、138キャップ)
  • ウィル・ローランズ(ワスプス、1キャップ)
  • ジェイク・ボール(スカーレッツ、46キャップ)
  • セブ・デイビーズ(カーディフブルース、7キャップ)
  • コリー・ヒル(カーディフブルース、25キャップ)
  • アーロン・ウェインライト(ドラゴンズ、21キャップ)
  • ロス・モリアーティ(ドラゴンズ、45キャップ)
  • タウルペ・ファレタウ(バス、76キャップ)
  • ジョッシュ・ナビディ(カーディフブルース、24キャップ)
  • ジャスティン・ティプリック(オスプレイ、76キャップ)
  • ジョッシュ・マクラウド(スカーレッツ)

BK

  • リース・ウェブ(オスプレイ、33キャップ)
  • ガレス・デイビス(スカーレッツ、53キャップ)
  • キーラン・ハーディ(スカーレッツ)
  • ダン・ビガー(ノーザンプトン、83キャップ)
  • リース・パッチェル(スカーレッツ、19キャップ)
  • カラム・シーディ (ブリストル)
  • オーウェン・ワトキン(オスプレイ、22キャップ)
  • ニック・トンプキンス(ドラゴンズ、4キャップ)
  • ジョナサン・デイ​​ビス(スカーレッツ、81キャップ)
  • ジョニー・ウィリアムズ(スカーレッツ)
  • ジョージ・ノース(オスプレイ、95キャップ)
  • ジョシュ・アダムス(カーディフブルース、24キャップ)
  • Louis Rees-Zammit(グロスター)
  • ジョナ・ホルムズ(ドラゴンズ、3キャップ)
  • リー・ハーフペニー(スカーレッツ、89キャップ)
  • ヨアン・ロイド(ブリストル)
  • リアム・ウィリアムズ(スカーレッツ、63キャップ)

まぁ、安定のあるメンバーが選ばれましたね。

ノンキャップは7人と、エディー率いるイングランドに比べると少なく感じるところですけど、実際はイングランドが思いきった選考をしているだけで、他の国も大体5〜7人程度のノンキャッパーを選出してくるような気もしますよね。

ましてや、HC就任直後の試合ともなりますし、まずは前監督のチームを引き継ぎつつ、結果を残してから、大きな改革へと突き進んでいくのでしょうね。

他の国に比べると、ウェールズは比較的代表メンバーの年齢層が高いうえ、英雄であるアラウィン・ジョーンズも35歳ですから、アラウィン・ジョーンズ後のチーム作りも大変そうですよね。