まじか!!ボクス

今週9月6日(金)、熊谷スポーツ文化公園熊谷ラグビー場で行われる「リポビタンDチャレンジカップ2019」ラグビー日本代表VS南アフリカ代表の試合ですが、南アフリカ、スプリングボクスのメンバーが発表されましたね。

  1. スティーブン・キッツォフ
  2. マルコム・マークス
  3. フラン・マルハーベ
  4. エベン・エツベス
  5. フランコ・モスタート
  6. シア・コリシ
  7. ピーターステフ・ドュ・トイ
  8. ドウェイン・フェルミューレン
  9. ファフ・デクラーク
  10. ハンドレ・ポラード
  11. マカゾレ・マピンピ
  12. ダミアン・ディアレンディ
  13. ルカン・アム
  14. チェスリン・コルビ
  15. ウィリー・ルルー
  16. ボンギ・ボナンビ
  17. テンダイ・ムタワリラ
  18. トレヴァー・ニャカニ
  19. RG・スナイマン
  20. フランソワ・ロー
  21. ハーシェル・ヤンチース
  22. フランソワ。ステイン
  23. ジェシー・クリエル

いやいや、マジメンで来ますか・・・。
これ、クワッガスミスとシア・コリシの違いだけで、直前の試合、アウェイでアルゼンチンを粉砕、その一つ前、アウェイでオールブラックスと引き分けたメンツじゃないですか!!!

いや〜、やはりワールドカップ直前ということもあり、ほぼ本番メンバーで臨んできましたね・・・。

とはいえ、個人的にはFWはそのままだとしても、SHをハーシェル、スタメン、デクラークを控えにしつつ、SOのポラードを休ませ、エルトンヤンチースで来るのかと思っていたのですが、ガチで勝ちに来ていますね。

まぁ、でも南アフリカからすれば、当然と言えば当然なのかもしれませんね。

なんといっても前回の敗戦を払拭したいでしょうし、これまでの対戦成績も、日本代表からみて1戦1勝となっていますから、南アのプライドが許さないでしょうからね。

しかし、楽しみにしていた南アフリカ戦ですけど、ちょっと怖くなってきましたね。

もちろん、日本代表も強くなっているとはいえ、ここ最近の南アの試合をみていると、かなり激しいですし、大会前にこのレベルとやると、選手が怪我するんじゃないかとヒヤヒヤものです。

とくに田村優選手が怪我でリタイヤなんてことになったら、日本代表は悲惨ですからね。

まだ日本代表のメンバーは発表されていませんが、相手がガチメンできているので、ここで日本代表がサブクラスで立ち向かうのはちょっと失礼な気もしますから、大会前ではありますが、勝ちきれるメンバーを選んで、ぜひとも対南ア2連勝と行きたいですね!!