イングランド

イングランドスコッドvsAB

ついに明日に迫ったセミファイナル「イングランドvsオールブラックス」

現在、世界ランキング1位のニュージーランドと2位のイングランドの頂上対決が行われるわけで、なんとも楽しみな一戦となりそうですね。

この両チームの対戦成績は、ニュージーランドが33勝7敗1分と圧倒しているわけですが、2015年以降はたったの1試合しか対戦しておらず、その試合の結果はトゥイッケナムでオールブラックスが16-15で勝ったのですが、僅差の勝利ですし、過去も7点差での勝敗が多く、今回はどちらが勝ってもおかしくない状況です。

イングランド
  1. マコ・ヴニポラ
  2. ジェイミー・ジョージ
  3. カイル・シンクラー
  4. マロ・イトジェ
  5. コートニー・ローズ
  6. トム・カリー
  7. サム・アンダーヒル
  8. ビリー・ヴニポラ
  9. ベン・ヤングス
  10. ジョージ・フォード
  11. ジョニー・メイ
  12. オーエン・ファレル
  13. マヌ・ツイランギ
  14. アンソニー・ワトソン
  15. エリオット・デイリー
  16. ルーク・コーワン・ディッキー
  17. ジョー・マーラー
  18. ダン・コール
  19. ジョージ・クルス
  20. マーク・ウィルソン
  21. ウィリー・ヘインズ
  22. ヘンリー・スレイド
  23. ジョナサン・ジョセフ

先発と控えの入れ替えはあるとはいえ、変更になったのはルイス・ラドラムがマーク・ウィルソンに変更となったくらいで、オーストラリア戦とほぼ同じスコッドとなりましたね。

ニュージー、南アもそうですけど、やはりノックアウト方式ともなると、メンバーを変更するよりも固定して戦ったほうがいいのでしょうね。

控えにヘンリースレイドとジョナサン・ジョセフですから、両センターを代えるということでしょうし、南アは両ロックを代える、イングランドは両センターを代えるということで、最近こういうのが流行っているのでしょうかね?

まぁ、両チームともいいロック、いいセンターが揃っているからこそできる芸当ではあるのですが・・・。

しかし、世界ランク1位と2位の試合が日本で行われるなんて、本当に幸せなことですよね。

ウィリアムヒルのオッズでは、ニュージーランドの勝ちが1..4倍、イングランドの勝ちが3.3倍となっているようで、この2チームでさえ、ニュージーランドが1倍台の数値なのですから、まさに恐るべしオールブラックスですね。

この結果、一体どうなるのでしょうね?

ニュージーランドが勝ち、決勝で南アと戦えば、両チームワールドカップ初戦の相手が最後の相手となるうえ、なんとこの決勝でちょうど100試合目の対戦となるようですし、対戦成績を見てみると、2018年初めに南アがニュージーに勝った後、2敗1分となっているので、そろそろ南アが勝ってもいい状況ですし、イングランドが勝って南アと対戦すれば、前回大会で日本を率いたエディ・イングランドが、南アに対してリベンジということになりますから、これまたドラマティックですよね!!

・・・って、ウェールズは負ける設定かい!!!

いえいえ、ウェールズは、初のワールドカップ制覇という夢があります!
シックスネーションズを全勝制覇、そしてワールドカップを全勝制覇ともなると、これはこれでドラマティック!
(相手、関係ないけどね・・・。)