イングランドスコッドVSワラビーズ

準々決勝の第1試合イングランドVSオーストラリア戦のイングランドスコッドが発表されました。

フランス戦は中止となったので、その前の試合アルゼンチン戦と比較すると、主要なところをところどころ変更してきていますね。

  1. マコ・ヴニポラ
  2. ジェイミー・ジョージ
  3. カイル・シンクラー
  4. マロ・イトジェ
  5. コートニー・ローズ
  6. トム・カリー
  7. サム・アンダーヒル
  8. ビリー・ヴニポラ
  9. ベン・ヤングス
  10. オーエン・ファレル
  11. ジョニー・メイ
  12. マヌ・ツイランギ
  13. ヘンリー・スレイド
  14. アンソニー・ワトソン
  15. エリオット・デイリー
  16. ルーク・コーワン・ディッキー
  17. ジョー・マーラー
  18. ダン・コール
  19. ジョージ・クルス
  20. ルイス・ラドラム
  21. ウィリー・ヘインズ
  22. ジョージ・フォード
  23. ジョナサン・ジョセフ

やはり、10番はオーエン・ファレルで行くのですね。
今大会、ジョージ・フォードの調子がいいようなので、10番固定で使ってくると思っていたのですが、ここにきてファレルに変えてきましたね。

ジャック・ノエルは復調してきているとはいえ、メイ、ワトソンともに充実しているようですから、ここはちょっと出番はなさそうで、控えにいれようにも、ファレルが10番にあがったことにより12番が空きましたから、いいセンター陣の揃っているイングランドでは、そちらを優先してしまいますよね。

まぁ、しかしイングランドもいいメンバーとなっていますね。
5番コートニーローズもいいのですけど、どちらかというと先にジョージ・クルスをいれておき、インパクト的にコートニーローズの方が向いているのではないかとは思ったのですけど、前半で試合を決定づけるのであれば、これでも十分な気がします。

少し心配なのが、マコ・ヴニポラでまだまだ本調子ではなさそうですけど、休養十分だとは思いますし、思いっきり暴れてもらたいものですね。