流石のクルセイダーズ、心配なチーフス

流石のクルセイダーズ、心配なチーフス

2020年7月6日
アオテアロア

スーパーラグビー、アオテアロア第4節の2試合、さすがはニュージーランドチーム同士の対戦とあって、相変わらず終盤までどっちに勝利が転ぶかわからない、いい試合をします。

ハイランダーズVSクルセイダーズなんて、ひょっとしたらハイランダーズが勝つかも?なんて思いきや、残り20分で20-40というダブルスコアにまで持って行くわけですから、クルセイダーズ恐るべし。

ハイランダーズは、マイケルコリンズがFBに入り、少しは落ち着くようになりましたけど、ちょっと相手が悪すぎでしたね。

相変わらずアーロンスミスはいい動きですし、あの9番を持ってしてもクルセイダーズは崩れないんですね。
なにやらアーロンスミスだけを追いかけたカメラ映像などもあるようですが、これを見ているだけでもその凄さがわかりますし、かなり参考となるのではないでしょうかね。

はいランサーズのFW陣も頑張ってはいたのですが、やはり最後まで持たなかったという印象で、それほどクルセイダーズの圧力が凄かったのでしょうね。
フリゼルなんてかなりいい動きをしていたのですが、さすがに最後足が止まっていましたからね。

まぁ、クルセイダーズは、文句のつけようがありません。
負けない試合をするチームですよね。

メンバーを変更したところで、やるラグビーはなにひとつ変わりませんし、それぞれの連動量が半端ないです。

セブリースは途中出場でもしっかりと結果を残しますし、ジョーダン、クリスティと若手2人が2トライずつ取り合うわけですから、全く付け入る隙がありません。

しかし、これによって今週のブルーズとの無敗対決が楽しみになってきましたね。

お互いどのようなメンバーを組んでくるのか、9日が待ち遠しいです!

やはりバレット兄弟は頼りになる。

思いもよらぬ未勝利同士、最下位争いを繰り広げることになったチーフスとハリケーンズですが、チーフスはかなり重症ですね。

ハリケーンズのロック、スクラフトンが50分にイエロー、65分にレッドで退場し、後半残り15分を1人人数の多い状況で戦える状況下においても1トライを返すのが精一杯でしたし、全体的にアタックが機能していませんね。

頼りのマッケンジーがあんなにミスしてしまっては、チームが波に乗れなかったような感じですね。
なんだかんだいってもアントンレイナート・ブラウンの不在が聞いたのでしょうかね?

その点、ハリケーンズはジョーディーが戻ってきて、早速その威力を発揮。

前半終了間際のペナルティーキックもそうですけど、トライアシストパスも光りますし、これまでにない安定したFBでハイケーンズのアタックも躍動し始めてきましたよね。

まぁ、しかし、後半ペレナラは10番になるのは変わらないようで、今回に限ってはかなり面白くて、途中、ブースの仕事を奪っているシーンがありましたよね(根がSHなので、仕方ないといえば仕方ないのですが・・・。)

10番と12番、10番と15番のようにダブルSOはここ最近見かけることはありますけど、ダブルSHというのは新しいかもしれませんね(もっとも他のチームでは絶対にありえない、ペレナラありき、ハリケーンズならではだとは思いますが)。

6月11日を見逃すな!

さて今週の結果により、今週末の第5節、クルセイダーズVSブルーズが俄然注目の試合となりました!!

なにせともに無敗同士、アオテアロアで抜けた2チーム同士の対決ですし、今大注目クルセイダーズのウィル・ジョーダンとボーデン・バレットがマッチアップ!そして、お互いのウイング同士、ブルーズはクラークとテレア、クルセイダーズはブリッジとリースという頂上決戦も見られるわけですから、一体どちらのバックスリーのほうが優れているのか興味はつきませんね。

また、もう一つのカード、ハリケーンズVSハイランダーズも、ともに1勝2敗同士ですし、アーロンスミスとTJペレナラのオールブラックス9番対決でもあるので、見どころ満載です。