アーディー

ニュージーランドの2019ラグビーアワード

2019年のニュージーランドアワードの発表があり、アーディサベアが3つの賞を受賞したのだそうですね。

  • Kelvin R Tremain Memorial player of the year
  • All Blacks player of the year
  • Super Rugby player of the year

2番目のオールブラックスと3番目のスーパーラグビーについてはわかるのですが、Kelvin R Tremain Memorial player of the year ってなんぞ??

Kelvin R Tremain Memorial player of the year

どうやらこの賞「ケルビントレメイン記念トロフィー」と言って、毎年、ニュージーランドで傑出した活躍をしたラグビー選手に授与されるのだとか。

 なんでも1959年から1968年までオールブラックスのフランカーとして活躍した「ケルビントレメイン」の功績にちなんでいるようで、どうやらオールブラックスのレジェンドとし今でもニュージーランド国民から慕われているのだそうです。

Kelvin Robin “Kel” Tremain
(ケル・トレメイン)

オールブラックスとして86の試合を行い、代表キャップは38。

しかし、2019年、ニュージーランドにとってはワールドカップ3位という結果で、失意の年だったのですが、その中でもアーディ・サベアは一人気を吐いていましたし、今回の結果は当然と言えば当然なのでしょうね。

ちなみにナショナルコーチとしては、クルセイダーズのスコットロバートソンが「National coach of the year」を受賞し、そのクルセイダーズも「National team of the year」を受賞しています。

まぁ、ワールドカップを優勝していれば、スコット・ハンセンだったのでしょうけど、ザ・ラグビーワールドカップも優勝を逃しているので、オールブラックスHCとしては、不本意な形での退陣となってしまいましたね。

また「Fans’ try of the year」というのがあって、これはナミビア戦でのTJペレならのトライが受賞したようですね。

まぁ、このトライはワールドラグビーでも「トライ・オブ・ザ・イヤー」を受賞していますから、当然と言えば、当然ですね。

さて、失意のオールブラックスは、2020年輝きを取り戻すことができるでしょうかね?