プレミアシップが再開されるようです!

プレミアシップが再開されるようです!

ニュース

今週、スーパーラグビー・アオテアロアが最終週だと思っていたら、イングランドのほうでは新型コロナウイルス感染拡大の影響で5か月中断していたプレミアシップラグビーが再開となるようですね。

どうやらレギュラーシーズンが残り9ラウンド残されているようで、これを全て消化し、その後上位4チームがプレーオフに進出し、決勝は10月24日にロンドンのトゥイッケナムスタジアムで開催されるようです。

ちなみに現在までの順位は・・・

  1. エクセター・チーフス・・・・9勝4敗
  2. セール・シャークス・・・・・8勝5敗
  3. ブリストル・ベアーズ・・・・8勝4敗1分
  4. ノーサンプトン・セインツ・・7勝6敗
  5. ワスプス・・・・・・・・・・6勝7敗
  6. バース・ラグビー・・・・・・7勝6敗
  7. ハリクインズ・・・・・・・・5勝7敗1分
  8. ロンドン・アイリッシュ・・・5勝7敗1分
  9. グラスゴー・ラグビー・・・・4勝9敗
  10. ウスター・ウォリアーズ・・・4勝9敗
  11. レスター・タイガース・・・・4勝8敗1分
  12. サラセンズ・・・・・・・・・9勝4敗

これをみると、サラセンズは9勝しているのになぜ12位?と不思議に思われるかもしれませんが、実はサラセンズ、これまで2連覇中で今季3連覇を狙っていたのですが、2016年から3シーズンにわたって選手の年俸総額の上限を定めたサラリーキャップ制度に違反したとして、2019-2020リーグの総勝点から105ポイント減らされることになっているようで、現在9勝しているとはいえ、ポイントは「-63」で最下位に沈んでいるんですよね。

しかも今シーズン終了後、2部リーグのRFUチャンピオンシップへ降格することが決まっているということで、これはエディ・ジョーンズも頭が痛いところなのではないでしょうかね?

というのもサラセンズには、なんとイングランド代表が最多で9人もいるんです。

  • マコ・ヴニポラ
  • ジェイミー・ジョージ
  • ジャック・シングルトン
  • マロ・イトジェ
  • ジョージ・クルス
  • ベン・アール
  • ビリー・ヴニポラ
  • オーウェン・ファレル
  • エリオット・デイリー

しかもスタメンクラスが勢揃いしており、そのほとんどが残留となっていますからね。

ジョージ・クルスは日本のパナソニック・ワイルドナイツに加入しますし、ヨーロピアンラグビー・チャンピオンズカップ2018-2019のプレーヤー・オブ・ザ・イヤーに選ばれたアレックス・グッドはNECグリーンロケッツにやってきます。

ROUND14

さて、コロナ明け1発目の対戦は以下のようになっています。

  • ハリクインズVSセール・シャークス○
  • ウスターVSグラスゴー
  • エクセター・チーフスVSレスター・タイガース○
  • バースVSロンドン・アイリッシュ
  • ブリストルVSサラセンズ
  • ノーサンプトン・セインツVSワスプス

DAZNで「○」のついている試合は見れるようですが、ここまで追いかけると大変かなぁ。

毎週2試合しかないようなので、アオテアロアと入れ替わったと思えば観戦できそうですが、個人的には北半球のラグビーはあまり好きではないんですよね。