アオテアロア最終節(第10節 )ハイランダーズVSハリケーンズのスコッド

アオテアロア最終節(第10節 )ハイランダーズVSハリケーンズのスコッド

アオテアロア

ついに世界一面白いスーパーラグビー・アオテアロアも最終節、残り2試合となってしまいました。

残念なことにニュージーランドで102日ぶりにコロナウイルス市中感染が確認され、最大都市であるオークランドがロックダウンされてしまい、今週末に予定されていたブルーズVSクルセイダーズの試合がどうなるのかわかりませんが、その前日に行われるハイランダーズVSハイケーンズは、無観客にて行われるようです。

スコッド

ハイランダーズ

  1. エイダン・ジョンストン
  2. アッシュ・ディクソン
  3. シアテ・トコラヒ
  4. パリパリ・パーキンソン
  5. ジャック・ウェットン
  6. シャノン・フリゼル
  7. ディロン・ハント
  8. マリノ・ミカエレ・トゥウ
  9. アーロン・スミス
  10. ジョッシュ・イオアネ
  11. ジョナ・ナレキ
  12. シオ・トムキンソン
  13. マイケル・コリンズ
  14. ジョッシュ・マッケイ
  15. ミッチ・ハント
  16. リアム・コルトマン
  17. ダニエル・レイナート・ブラウン
  18. ジェフ・スウェイツ
  19. マナアキ・セルビ・リキット
  20. テアキリ・ベン・ニコラス
  21. フォラウ・ファカタヴァ
  22. ンガトガネ・プニヴァイ
  23. トム・フローレンス

ハリケーンズ

  1. ベン・メイ
  2. ダン・コールズ
  3. ティレル・ロマックス
  4. ジェームズ・ブラックウェル
  5. スコット・スクラフトン
  6. リード・プリンセプ
  7. デュプレシス・キリフィ
  8. アーディー・サベア
  9. ジェイミー・ブース
  10. ガーデン・バチョップ
  11. ウェス・フーセン
  12. ピーター・ウマガ・ジェンセン
  13. ビリー・プロクター
  14. ヴィンス・アソ
  15. ジョーディー・バレット
  16. リッキー・リチテリ
  17. テビタ・マフィレオ
  18. プーリー・ロケットストーン
  19. リアム・ミッチェル
  20. デヴァン・フランダース
  21. ジョナサン・タウマテイン
  22. サレシ・ラヤシ
  23. チェース・ティアティア

ハイランダーズには大きな変更はなく、どうやらアッシュ・ディクソンがこの試合でスーパーラグビー100試合目の出場となるようで、しかも記念すべき初出場はハリケーンズでデビューしたということですから、ちょっと感慨深いものありますね。

また今季アッシュ・ディクソンとともに共同キャプテンを務めたアーロン・スミスも150試合目の出場となるようで、あの激しいアオテアロアの終盤でフル出場連発して、存在感をみせているのは流石としかいいようがありませんね。

また先週途中出場で悪目立ちしてしまったパレテに変わり、トム・フローレンスがリザーブに入り、この試合でスーパーラグビーデビューとなるようです。

ハリケーンズのほうは、大黒柱であるTJペレナラが奥さんの出産のため今回は欠場するようで、ケーンズの他のSHの選手にとっては大チャンスですよね。

TJがいるとどうしても先発に入ることは難しいですし、対戦相手がアオテアロアのチームともなると、メンバーの落とし所が難しいですからね。

観戦する側としては、TJのいないケーンズの試合を観ることはなかなかありませんから、どのように機能するのか注目ではあるのですが、好調であるとはいえこれまで13番での出場していたピーター・ウマガ・ジェンセンの12番がどうなるのかも注目ですね。

ここでも存在感を表すようになると、一気にオールブラックスにも近づいていくのではないでしょうかね?

というのもオールブラックスを考えたときに、この12番が一番手薄で人材が不足しているように思います。

もし12番でブレイクしようものなら、22歳と若いピーター・ウマガ・ジェンセンですから、12番最有力候補ともなりえますよね!