スコットランド代表37人

スコットランド代表37人

ニュース

今夏、イングランドA、ルーマニア、ジョージアと対戦するスコットランド代表が発表されました。

今回は、ブリティッシュ・アンド・アイリッシュ・ライオンズに選出されたメンバーである、フィン・ラッセル、スチュアート・ホッグなど8人の選手が欠場となり、キャプテンはジェイミー・リッチーが務めるようですよ。

FW

  • ユアン・アッシュマン (セールシャークス)
  • ニック・オーテック (ノーザンプトンセインツ)
  • ジョシュ・ベイリス (バース・ラグビー)
  • シモン・ベルガン (エディンバラ) 31
  • ジェイミー・バッティ (バース) 18
  • マグナス・ブラッドベリー (エディンバラ)14
  • デビッド・チェリー (エディンバラ)5
  • アレックス クレイグ (グロスター)2
  • ルーク・クロスビー (エディンバラ)
  • スコット・カミングス (グラスゴー)20
  • ロリー・ダージ (グラスゴー)
  • マット・ファガーソン (グラスゴー)13キャップ
  • キャメロン・ヘンダーソン (レスター)
  • ロビン・ヒスロップ (ドンカスター)
  • ジェイミー・ホジソン (エディンバラ)
  • オリ・ケブル (グラスゴー)8
  • キラン・マクドナルド (グラスゴー)
  • ジェイミー・リッチー (エディンバラ)27
  • ジェイバン・セバスチャン (スカーレッツ)
  • サム・スキナー (エクセター)12
  • グラント・スチュワート (グラスゴー)3
  • ジョージ・ターナー (グラスゴー )17

BK

  • ジャック・ブライン (エディンバラ)
  • ジェイミー・ドビー (グラスゴー)
  • コール・フォーブス (グラスゴー)
  • アダム・ヘイスティングス (グラスゴー)23
  • ジョージ・ホーン (グラスゴー)14
  • ダミアン・ホイランド (エディンバラ)4
  • ブレア・キングホーン (エディンバラ)25
  • ジェームズ・ラング(ハリクインズ)6
  • ルーファス・マクリーン (グラスゴー)
  • マット・スコット (レスター)39
  • チャーリー・シエル (エディンバラ)
  • スコット・スティール (ロンドン・アイリッシュ)4
  • カイル・ステイン (グラスゴー) 1
  • ロス・トンプソン (グラスゴー)
  • シオネ・トゥイプロトゥ (グラスゴー)

所属チームの後ろの数字がキャップ数なのですが、今回ノンキャッパーが17人いて、その中には最後のトップリーグでヤマハに所属していたシオネ・トゥイプロトゥも含まれています。

シオネ・トゥイプロトゥはオーストラリア出身でU20オーストラリア代表にも選ばれたことがあるのですが、どうやら祖母方の血筋があるようで、今回の選出となったようです。

ちなみにスコットランドのHCであるグレゴール・タウンゼントは、今回のライオンズのアシスタントコーチを務めているので、タウンゼント不在の場合、マイク・ブレアが代行するのだとか。

今回の対戦相手がそこまで強くないということから、若手主体となっているのでしょうかね?

ライオンズ選出メンバー以外でも、結構主力が不在となっています。

  • デイビット・チェリー
  • スチュワート・マキナリー
  • ウィリアム・ネル
  • ジョニー・グレイ
  • ダーシー・グラハム
  • ヒュー・ジョーンズ
  • ショーン・マイトランド

ライオンズ選出メンバー

FW

  • ザンダー・ファーガソン
  • ローリー・サザーランド
  • ハミッシュ・ワトソン

BK

  • アリ・プライス
  • フィン・ラッセル
  • クリス・ハリス
  • デュアン・ファンデルメルバ
  • スチュワート・ホッグ

ここ近年、スコットランドのラグビーは北半球の中でもずば抜けて面白いラグビーをしているので、主力の抜けた今回のチームがどのようなラグビーをするのか楽しみですね。