トライネーションズ最終戦、ワラビーズVSロスプーマス

トライネーションズ最終戦、ワラビーズVSロスプーマス

ニュース

2020年12月5日に行われるトライネーションズ最終戦、オーストラリアとアルゼンチンのスコッドが発表されましたね。

オーストラリア

  1. スコット・シオ
  2. ブランドン・パエンガ・アモサ
  3. アラン・アラアラトア
  4. ロブ・シモンズ
  5. マット・フィリップ
  6. ネド・ハニガン
  7. マイケル・フーパー
  8. ハリー・ウィルソン
  9. ニック・ホワイト
  10. ジェームズ・オコナー
  11. マリカ・コロイベテ
  12. ハンター・パイサミ
  13. ジョーダン・ペタイア
  14. トム・ライト
  15. リース・ホッジ
  16. フォラウ・ファインガ
  17. アンガス・ベル
  18. タニエラ・トゥポウ
  19. ルカン・サラカイヤロト
  20. ロブ・バレンティニ
  21. ジェイク・ゴードン
  22. イラエ・シモネ
  23. トム・バンクス

アルゼンチン

  1. ナウエル・テタス・チャパロ
  2. フリアン・モントージャ
  3. フランシスコ・コデーロ
  4. マティアス・アレマーノ
  5. マルコス・クレマー
  6. サンティアゴ・グロンドナ
  7. ファクンド・イサ
  8. ブルーニ・ロドリゴ
  9. フェリペ・エスクーラ
  10. ニコラス・サンチェス
  11. エミリアーノ・ボフェッリ
  12. ジェロニモ・デラフエンテ
  13. マティアス・オルランド
  14. バウティスタ・デルグイ
  15. サンチャゴ・カレーラス
  16. ホセ・ルイス・ゴンザレス
  17. マイコ・ビバス
  18. ユアン・バプロ・ツァイス
  19. ルーカス・パウロス
  20. フランシスコ・ゴリセン
  21. ゴンサロ・ベルタノウ
  22. ドミンゴ・ミオッティ
  23. サンチャゴ・チョコバレス

やはりというか、オーストラリアも本気モードのメンバーですね。

復帰のオコナーを10番に据え、控えの10番なしですか。しかもスクラムハーフもゴードンですから、若手のテスト起用なんて発想は一切なさそうですね。

まぁ、それだけアルゼンチンが認められたというわけですけどね。

かたやアルゼンチンのほうはというと、こちらもマテーラ、グイド・ペティとサンティアゴ・ソシノが出場できないことを考えると、ベストメンバーじゃないでしょうか。

クレマーの5番はちょっと驚きですけど、これもペティの不在が大きのでしょうね。

注目は12番デラフェンテ、13番オルランド。

個人的には、この並びが1番好きですね。

ミオッティが久しぶりにスコッドに入ったのですが、恐らくこれはサンチェスが80分持たなさそうだからかもしれませんね。

先週のオールブラックス戦でもかなり疲れが見えていましたし、あのレベルの試合を3週連続ともなると、いかに休養たっぷりとはいえ、体がもたないのでしょうね。