優勝争いのチームとの差

優勝争いのチームとの差

アオテアロア

先週のアオテアロア、結果は、優勝争いを演じているクルセイダーズとブルーズの勝ち。

  • チーフス 19 – 32 クルセイダーズ
  • ハイランダーズ 21 – 32 ブルーズ

やはりリーグ終盤ともなると優勝を争っているチームのほうが勢いがありますし、トライを取り切れるかどうかに大きな差が出ていましたよね。

ハイランダーズVSブルーズなんて、ブルーズがあれだけペナルティを連発していたにも関わらず、スクラムが圧倒的に優位だったので差引きゼロという感じでしたし、流石に終盤ともなると、10番はミッチ・ハントで固定しておいた方が良かったような気がしますね。

どうもジョッシュ・イオアネは試合勘が戻っていないようですし、各チーム怪我人続出とはいえ、シーズン終盤ともなると仕上がり始めているので、要となるハーフ団は可能な限りシーズンを通して出場している選手のほうがいいような気がします。

イオアネもあと2〜3試合消化すれば復調するのでしょうけど、このリーグレベルでは遅すぎますよね。

とはいえ、心配なのはボーデン・バレットで、かなり調子を落としていませんかね?

コンバージョンキックの精度がかなり悪いですし、後半、ジョッシュ・マッケイに走り負けそうなシーンもありましたし、試合中でも結構当たり負けしていましたよね。

10番になって狙われ始めていたので、ここにきて疲弊してきたのか、後半退いてからの顔が疲れ切っており、ちょっと心配になりました。

あんな顔をハリケーンズでは見たことがありませんでしたし、やっぱりブルーズに行かずにハリケーンズに残っておいた方が良かったんじゃないかなぁ。

恐らくプレッシャーも大きいのではないでしょうかね?

強いチームは連敗しない。

先週ホームでハリケーンズに敗れたクルセイダーズ、流石に連敗しませんね。

チーフスはホーム最終戦でしたので、ぜがひにも勝利したいところでしたけど、すべてにおいて圧倒されていましたね。

残り20分までは、モウンガのキックの不調によりなんとか食らいついていましたけど、そこからはいつものクルセイダーズタイムで、結果4トライ差をつけられてボーナス点まで取られてしまいました。

ラウララが強かったのか、ムーディーが不在だったからかわかりませんが、スクラムではチーフスが優勢だったのでソワクラのサイドアタックが有効的だったにも関わらず、トライを取りきれませんでしたし、もしチーフスにボッシャーがいなかったらと思うとゾッとしますよね。

しかし、この状況でケインはどうなるのでしょうかね?

常勝オールブラックスのキャプテンが、開幕7連敗中のチームを率いるキャプテンともなると、なかなか複雑ですよね。

もちろんいい選手なことは間違いないのですが、勝ち慣れている人といない人では大きな差が出ますし、今後のオールブラックスの選考もかなり注目となりそうですね。