ワラビーズ

ワラビーズスコッドvsENG

10月19日のイングランドVSオーストラリア戦のワラビーズのスコッドが発表されました。

この試合からようやくフィジー戦の危険なタックルで3試合の出場停止中であったリース・ホッジが帰ってきましたね。

  1. スコット・シオ
  2. トル・ラトゥ
  3. アラン・アラアラトゥア
  4. アイザック・ロッダ
  5. ローリー・アーノルド
  6. デイビット・ポーコック
  7. マイケル・フーパー
  8. イシ・ナイサラニ
  9. ウィル・ゲニア
  10. クリスチャン・リアリーファノ
  11. マリカ・コロインベテ
  12. サム・ケレビ
  13. ジョーダン・ペタイア
  14. リース・ホッジ
  15. カートリー・ビール
  16. ジョーダン・ウエレセ
  17. ジェイムス・スリッパー
  18. タニエラ・トゥポウ
  19. アダム・コールマン
  20. ルカン・サラカイア・ロト
  21. ニック・ホワイト
  22. マット・トゥムーア
  23. ジェイムズ・オコナー
ワラビーズ
ワラビーズ

いや、これなかなか攻めてきましたね。
なんと13番にオコナーではなく、若干19歳のジョーダン・ペタイア!!!

これまでテストマッチにも出場しておらず、今大会のウルグアイ戦で代表デビューしたばかりで、いまだキャップ数2のペタイアを13番で大抜擢するとは!

まぁ、スーパーラグビーではレッズで13番でのプレイがありましたけど、これにしてもたったの2試合だけですから、これはかなり思い切りましたね。

しかもハーフ団も、ゲニアとリアリーファノ。
この組み合わせはあまり見たことはなく、調べてみたらなんとこの二人が先発で出場するのは今回で2回目なのだとか!

まぁ、これまでのプール戦を振り返ると、強豪国ではちょっとニック・ホワイトでは心配ですよね。

攻撃的でいいプレイもするのですが、チームを動かすというよりも自分で持ちたがる傾向があるので、こと相手が強豪国ともなるとゲニアのほうが安定しそうですし(ウェールズ戦ではちょっと失敗しましたけどね)、SOでは近年フォーリーの調子がいまいちですから、今期ブランビーズで調子の良いリアリーファノのほうがより良い結果をもたらしそうです。

さて、この試合、オーストラリア人のエディー率いるイングランドとオーストラリアのワラビーズとの戦いとなることでも注目を集めており、会場の雰囲気がどのようになるのかも楽しみですね!