R3ワラターズVSクルセイダーズ(トランスタスマン)

R3ワラターズVSクルセイダーズ(トランスタスマン)

TRANS-TASMAN

8位ワラターズと3位クルセイダーズの試合。

点は取られるとはいえ、スーパーラグビーAUからすれば、随分のチームとして機能し始めたワラターズは、10番ベン・ドナルドソンはひょっとすると若手の10番で1番いいのではないでしょうか。

同じチームのウィル・ハリソンどころか、ブランビーズのロレシオよりも攻守においていい仕事しているので、ワラビーズにも呼んでもらいたい逸材です。

ワラターズVSクルセイダーズ

ワラターズ

  1. アンガス・ベル
  2. デイブ・ポレッキー
  3. ハリー・ジョンソンホームズ
  4. ジェレミー・ウィリアムズ
  5. ジャック・ウェットン
  6. ラクラン・スウィントン
  7. ジャック・デンプシー
  8. ウィル・ハリス
  9. ジェイク・ゴードン
  10. ベン・ドナルドソン
  11. アレックス・ニューサム
  12. ララカイ・フォケティ
  13. イザイア・ペレセ
  14. ジャック・マドックス
  15. ウィル・ハリソン
  16. ジョー・コットン
  17. テテラ・フォークナー
  18. ダーシー・ブリーン
  19. サム・ケアード
  20. カルロ・ティッザーノ
  21. ジャック・グラント
  22. テパイ・モエロア
  23. マーク・ナワンガニタワセ

クルセイダーズ

  1. ジョージ・バウワー
  2. コーディー・テイラー
  3. マイケル・アラアラトア
  4. クィントン・ストレンジ
  5. スコット・バレット
  6. ヴィト・ドウグラス
  7. シオネ・ハビリ
  8. カレン・グレイス
  9. ミッチェル・ドラモント
  10. リッチー・モウンガ
  11. レスター・ファインガヌク
  12. ダラス・マクラウド
  13. ブライドン・エノー
  14. セブ・リース
  15. ウィル・ジョーダン
  16. ネイサン・ベラ
  17. タマイチ・ウィリアムズ
  18. オリバー・ヤーガ
  19. サム・ホワイトロック
  20. ミッチェル・ダンシエ
  21. ブリン・ホール
  22. ファーガス・バーク
  23. マナサ・マタエレ

ワラターズは、スーパーラグビーAU後半からHCがロブ・ペニーから、クリス・ウィタカーとジェイソン・ギルモアの共同コーチとなって再建中なのですが、ここのところは点は取られるけど、取り返せるくらいにまでなってきており、大味ではありますけど、面白いラグビーになってきましたね。

今、スーパーラグビーAUのチームとやっても、なかなかいい試合ができそうですけどね。

一方のクルセイダーズは、やはりというべきか主力を休ませつつ若手を使い、さらには故障明けの選手を入れてきましたね。

トランスタスマン優勝を狙うなら、ここでも全力で行くべきなのでしょうけど、やはり余裕があるのでしょうかね。

リザーブの16番に目を移すと、なんとネイサン・ベラじゃないですか!!!

しかもデビューということなので若手だろうと思っていたら、やっぱりサンウルブズにいたあのネイサン・ベラ!!!

ネイサン・ベラ

ネイサン・ベラ

2019年シーズンにサンウルブズに所属しており、11試合に出場しており、どうやら2020年はハイランダーズ、2021年にクルセイダーズでデビューということのようです。

クルセイダーズのホームページではしっかりと写真が掲載されていますよ。

スコットバレットとネイサン・ベラ

レベル違いでダントツ弱かったけど、やっぱりサンウルブズって良かったなぁ。

6月12日(土)、日本代表と1日限りのサンウルブズが対戦するようですけど、メンバーがどうなるかわかりませんが、正直サンウルブズを応援してしまいそうです。