R5ブランビーズVSハイランダーズ(トランスタスマン)

R5ブランビーズVSハイランダーズ(トランスタスマン)

TRANS-TASMAN

トランスタスマン最終戦でもっとも注目の試合、2位ハイランダーズと6位ブランビーズの試合。

ハイランダーズは、ファイナル出場まであと一歩のところまで来ており、ここは必勝なのですが、なにせ相手がブランビーズなうえ、アウェイ戦ですから、かなり難しい試合になりそうです。

まさに正念場となりそうですね。

ブランビーズVSハイランダーズ

ブランビーズ

  1. スコット・シオ
  2. ラクラン・ロナーガン
  3. アラン・アラアラトア
  4. ダーシー・スワイン
  5. ニック・フロスト
  6. ロブ・ヴァレティニ
  7. ロリー・スコット
  8. ヘンリー・ストワーズ
  9. ニック・ホワイト
  10. ベイレイ・キュンゼル
  11. マッケンジー・ハンセン
  12. イラエ・シモネ
  13. レン・イキタウ
  14. トム・ライト
  15. トム・バンクス
  16. ビリー・ポラード
  17. ハリソン・ロイド
  18. トム・ロス
  19. トム・フーパー
  20. ルーク・レイマー
  21. ライアン・ロナーガン
  22. リージャン・パシトア
  23. ソロモン・カタ

ハイランダーズ

  1. イーサン・デ・グルート
  2. アッシュ・ディクソン
  3. シアテ・トコラヒ
  4. ブリン・エバンス
  5. パリパリ・パーキンソン
  6. ヒューゴ・レントン
  7. ビリー・ハモン
  8. 姫野和樹
  9. アーロン・スミス
  10. ミッチ・ハント
  11. ジョナ・ナレキ
  12. スコット・グレゴリー
  13. マイケル・コリンズ
  14. シオ・トムキンソン
  15. ジョッシュ・イオアネ
  16. リアム・コルトマン
  17. エイダン・ジョンストン
  18. ジョシュ・ホーネック
  19. ジョッシュ・ディクソン
  20. ジェームズ・レンティース
  21. ケーン・ハミルトン
  22. サム・ギルバート
  23. テアリキ・ベン・ニコラス

ブランビーズは、ついにロレシオが外れましたね。軽症ということのようですが、ニック・ホワイトとの兼ね合いや、ディフェンスのことを考えると、正直なところキュンゼルのほうが合っていると思います。

出てきた当初の怪我前のロレシオは大活躍していましたけど、ここ最近はフィジカルの弱さが顕著になってきていて、ひょっとするとワラビーズも危なさそうですね。

個人的に若手SOの中では、ベン・ドナルドソン、ベイレイ・キュンゼル、ウィル・ハリソンに次ぐ4番手の選手のイメージなんですけどね。

さて、必勝体制のハイランダーズはアーロン・スミスが戻り、嬉しいことに姫野選手がこの大事な試合でもNo.8を務めるようですね。いや凄い。

チーム的にはフリゼル不在が痛いところですが、このチームはスーパースターに頼ることなく、本当にチームで戦うので、見ていて面白いですしハマった時は恐ろしく強いですし、なんといってもマイケル・コリンズが効いていますよね。

とはいえ、ハイランダーズの場合、ハマらなかった時の激弱感も半端ないので、本当に予想が難しい・・・。