スコットランドの両10番が負傷

スコットランドの両10番が負傷

ニュース

シックスネーションズ最終節ではウェールズを破り、3勝2敗で4位となったスコットランドですが、どうやらフィン・ラッセルとアダム・ヘイスティングスの両フライハーフがこの試合で負傷し、来週から始まるオータムネーションズカップに間に合わないようです。

アダム・ヘイスティングスは完全に戻ってこれないようで、フィン・ラッセルは終盤に戻れるかどうかというところのようで、イタリア、フランス、フィジーとの対戦に不安を残すところですね。

そうなってくると、オータムネーションズカップは、ダンカン・ウィアー中心にチームを作っていくのでしょうかね?

ショーン・メイトランドとエクセターのSHサム・イダルゴ・クラインが、追加で召集されたようですが、肝心のフライハーフは誰も呼ばれなかったのですね。

フランスはともかく、フィジー、イタリアには負けたくないところでしょうし、ここは正念場となりそうですね。

とはいえ、ヨーロッパでは、またコロナの影響によりロックダウンする国が増えてきていますし、ひょっとするとオータムネーションズカップのいくつかの試合は、中止となる可能性もありますよね。