注目の無敗対決!クルセイダーズVSブルーズ

注目の無敗対決!クルセイダーズVSブルーズ

アオテアロア

いよいよ7月11日、アオテアロア頂上決戦、無敗同士のクルセイダーズとブルーズの試合が行われますね。

現在の両チームは、他のニュージーランドの3チームとは対戦済みとなっていて、トライ数は12-9でクルセイダーズが3本上回っており、被トライ数でも4-6とクルセイダーズのほうが2本少ない状況となっています。

そんなわけで同じ無敗と言えども、ボーナスポイントで2ポイントクルセイダーズが上回っており首位となっているのですが、この試合ほどワクワクする試合は、なかなかないでしょうね!

スコッド

クルセイダーズ

  1. ジョー・ムーディ
  2. コーディー・テイラー
  3. マイケル・アラアラトア
  4. サム・ホワイトロック
  5. ミッチェル・ダンシエ
  6. トム・サンダーズ
  7. トム・クリスティ
  8. ウェトゥ・ダグラス
  9. ブリン・ホール
  10. リッチー・モウンガ
  11. ジョージ・ブリッジ
  12. ジャック・グッドヒュー
  13. ブランドン・エノー
  14. セブ・リース
  15. デイビッド・ハビリ
  16. アンドリュー・マカリオ
  17. ジョージ・ボウラー
  18. オリバー・ジャガー
  19. クエンティン・ストレンジ
  20. シオネ・ハビリ
  21. ミッチェル・ドラモント
  22. フェティリ・パエア
  23. ウィル・ジョーダン

ブルーズ

  1. アレックス・ホッジマン
  2. ジェームズ・パーソンズ
  3. オファ・トゥンガファシ
  4. パトリック・トゥイプルトゥ
  5. ジョッシュ・グッドヒュー
  6. アキラ・イオアネ
  7. ダルトン・パパリィ
  8. ホスキンス・ソトトゥ
  9. フィンレイ・クリスティ
  10. オテレ・ブラック
  11. ケイレブ・クラーク
  12. ハリー・プラマー
  13. リエコ・イオアネ
  14. マーク・テレア
  15. ボーデン・バレット
  16. カート・エクランド
  17. カール・トゥイヌクアフェ
  18. シオネ・マフィレオ
  19. アーロン・キャロル
  20. ブレイク・ギブソン
  21. ジョナサン・ルルー
  22. TJ・ファイアネ
  23. マット・ダフィ

クルセイダーズは、アオテアロア絶好調のウィル・ジョーダンを先発から外しますか!
現在のところトライ、クリーンブレイク、ディフェンダービートゥン、メーターキャリーで1位の選手をリザーブにおけるなんて、流石に選手層が分厚い!

とはいえ、今のハビリは本調子ではなさそうですし、逆の方がよかったんじゃないですかね。
しかし、先発にホール、ブリッジ、リースが戻ってくると一気にたくましくなりますね、クルセイダーズは。

ブルーズはスピード重視。

ブルーズのメンバーはかなり面白そうなスコッドをいれてきましたね。

まずリザーブには、故障からトゥイヌクアフェとギブソンが戻ってきており、なんとスタメンのSHにはクリスティが今季初先発。
そして同じく今季初先発として12番にプラマーですから、一体どんなラグビーとなるのでしょうね?

オテレ、プラマー、ボーデンと10番タイプが3枚とは、かなり攻撃に比重をおいた並びとなりますよね。
まさかのトリプルフライハーフ!!!
キック合戦ではこちらに分がありそうですけど、クルセイダーズのバックスリーはハイパント強いですからねぇ〜。仇とならなければいいのですが・・・。

とはいえ、このメンバー構成だとSHにクリスティを持ってきた辺り、スピードに富んだ試合運びとなりそうですし、そうなってくると6番アキラではなくトム・ロビンソンをいれて、お互いのフランカーで「トム」祭りになって欲しかったところですね。

まぁ、トム・ロビンソンは故障中ですので、それは無理か・・・。