ラグビー被りすぎ・・・。

ラグビー被りすぎ・・・。

Super Rugby AU

今週末は、SUPER RUGBY AUが2試合、トップリーグが開幕して8試合。

流石にこれはキツい・・・。

可能な限り結果を見ずに10試合中9試合は観戦することができたけど、こんなのが毎週続くとカラダが持たないですね。

なにせ今週末からはシックスネーションズが再開、アオテアロアが開幕するわけですから。

こうなってくると結果を見ずに観戦することはほぼ不可能なので、ある程度、結果を見る前に観戦する試合を厳選しなければなりませんね。

まぁ、恐らくスーパーラグビーはAU、アオテアロアの4試合を全て観戦、シックスネーションズはイタリア戦以外を録画となりますが結果を見る前に観戦、トップリーグについては試合数が多いうえ、今は人気となっていて情報規制することは難しいので、4試合程度を目処にピックアップして観戦ということになるでしょうね。

フォースは期待できそう。

さて、SUPER RUGBY AUなのですが、レッドカードによって14人になってしまったとはいえ、今季のワラターズは厳しそうですね。

ロブ・ペニーのラグビーを遂行するための個々のハンドリングがもう少し改善されなければ強くなりそうにありませんし、想像以上にマイケル・フーパーの存在が大きかったようです。

反面、レッズはますます強くなりましたね。

サラカイヤロト、パエンガ・アモサ、リーアム・ライトがいない中であの強さですから、選手層がかなり分厚くなりました。

特に5番セル・ウルはかなり良かった。どうやらフィジーのU20の選手だったようで、昨年レッズでデビューし、この試合で2キャップ目の24歳のようで、これロトも安泰ではなくなるかもしれませんよ。

フォースVSブランビーズは、面白かったですねぇ〜。

今のところ寄せ集め感満載のフォースですが、今後連携がしっかり取れてくれば、かなり強くなりそうですし、やっぱりロブ・カーニーはいい。

ベテラン勢が多く、知った名前が多いので応援にも力が入りますし、今季のAUでの応援チームはフォースで決まりです。

直前に12番カイル・ゴットウィンが欠場となりカフィが繰り上がりで出場となったのですが、ゴッドウィンが観たかったなぁ。もちろんカフィが嫌なわけではなくて、昨年のフォースでのお気に入りが、ゴッドウィンとラルストンだったので、個人的には途中からカフィ登場のほうが盛り上がったような気がしています。