ブルーズVSワラターズ(トランスタスマン)

ブルーズVSワラターズ(トランスタスマン)

TRANS-TASMAN

現在首位のブルーズと8位のワラターズの試合。

ブルーズVSワラターズ

ブルーズ

  1. カール・トゥイヌクアフェ
  2. カート・エクランド
  3. オファ・トゥンガファシ
  4. ゲラード・カウリーツイオティ
  5. ジョッシュ・グッドヒュー
  6. トム・ロビンソン
  7. ブレイク・ギブソン
  8. アキラ・イオアネ
  9. フィンレイ・クリスティ
  10. オテレ・ブラック
  11. AJラム
  12. TJファイアネ
  13. リエコ・イオアネ
  14. ブライス・ヒーム
  15. ザーン・スリバン
  16. ソアネ・ヴィケナ
  17. アレックス・ホッジマン
  18. マルセル・レナタ
  19. パトリック・トゥイプルトゥ
  20. ダルトン・パパリィ
  21. サム・ノック
  22. ハリー・プラマー
  23. Jacob RATUMAITAVUKI-KNEEPKENS

ワラターズ

  1. アンガス・ベル
  2. デイブ・ポレッキー
  3. ハリー・ジョンソンホームズ
  4. ヒュー・シンクレア
  5. マックス・ドウグラス
  6. ラクラン・スウィントン
  7. チャーリー・ギャンブル
  8. ウィル・ハリス
  9. ジェイク・ゴードン
  10. ベン・ドナルドソン
  11. ジェームズ・ターナー
  12. ララカイ・フォケティ
  13. イザイア・ペレセ
  14. アレックス・ニューサム
  15. ジャック・マドックス
  16. ジョー・コットン
  17. テテラ・フォークナー
  18. ダーシー・ブリーン
  19. ジャック・ウェットン
  20. ジャック・デンプシー
  21. カルロ・ティッザーノ
  22. ジャック・グラント
  23. ウィル・ハリソン

ブルーズでは、ソトトゥが出場しませんが、リザーブにトゥイプルトゥとパパリィが戻ってきましたね。

現在首位に立っており、残り3試合ある中で主力が帰ってきたのは大きく、トランスタスマン制覇に向けて順調といってもいいのではないでしょうか。

一方のワラターズ、現在8位とは言え、前節64点もとられたザルディフェンスは解消できるでしょうかね?

ブルーズは先週、後半からあっという間にスコア差を広げるという展開でしたので、ここも同じような展開にならなければいいのですけどね。